FC2ブログ

パニック障害を栄養面から改善する方法とは?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


生きていくうえで、食事は大切です。


私たちの身体は口から摂取する
食べ物で構成されています。


それに、美味しいものを食べるのは
ストレス発散にもなりますよね。


そんな、普段口にする食事からパニック障害を
改善していく方法があります。


ちょっとだけ注意をしながら食事をする、
ということですね。


何げなくつまんでいる甘いお菓子や甘いジュース
に含まれる糖分、リラックス時に飲むコーヒー、
紅茶などに含まれるカフェイン。


これらはミネラルやビタミンを消耗してしまう
と言われています。


タバコやアルコールも同じく、ミネラルや
ビタミンを消耗してしまうんですね。


このミネラルやビタミンが不足してしまうと、
脳内の不調を引き起こしてしまうことがあります。


また、甘い物に含まれる糖分は血糖値を急上昇させて
しまう働きがあるので、これが繰り返されると、
膵臓が疲れてしまいインスリンの分泌調整がうまく
機能しなくなるとも言われています。


その結果、糖尿病などの発症リスクが
高まってしまうんですね。


もちろん適度の摂取であれば問題ありませんが、
ストレスが溜まったときに甘い物のヤケ食いや
夏場のジュースのガブ飲みなどは控えたほうが
良いでしょう。


このミネラルやビタミンの不足、糖分やカフェインの
過剰摂取によって自律神経が乱れ、それにより
パニック発作、パニック障害が発症するとも
考えられています。


先ほどもお話しましたが、甘い物の摂取は
ストレス解消になったり、コーヒー、紅茶の
摂取はリラックス効果があります。


身体に負担をかけない程度、ほどほどに
摂取するのが望ましいですね。


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆気分を安定させるのに役立つ食べ物とは?
◆パニック発作を引き起こす食べ物とは?
◆日頃の運動がパニックを撃退していく
2013.05.13 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の完治に向けてパニック障害を栄養面から改善する方法とは?












管理者にだけ表示