FC2ブログ

その感情はあなたが選んで使っている。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


人間にとって、とても大切な要素の一つに


“感情”


があります。


楽しいことがあったとき、嬉しいことが
あったとき、嫌なことがあったとき、
苦しいときがあったとき、それぞれの
とき、感情と共にいます。


よく、


「あいつのせいでイライラする!」
「そんなこと言われると悲しい・・・」
「なんて高さだ!怖いな~」


というような言葉を耳にします。


あなたも、


「〇〇(出来事)だから〇〇(感情)だな~)


なんて、何か起きたときに感情を
口に出していませんか?


嬉しいことにせよツライことにせよ、
誰かのせいでこんな感情になったと
思うものですが、実はそれは間違いです。


一つの錯覚と言っても良いかもしれません。


あなたの中で何かの感情が働くとき、
そこにはきっかけとなる“刺激”
があります。


その“刺激”に対しての反応が“感情”です。


そして、これは大切なことですが、
反応としての“感情”は、


その感情をあなたが使おうと選択している


ということなんですね。


誰かがあなたに「その感情を使え!」
と命令はしませんよね。


こころの中の深い部分で、あなた自身が
その感情を使うことを選択しています。



きっかけとなる“刺激”に対しての
反応は十人十色です。


例えば、


「このバカヤロウ!!」


と言われたとき、怖がる人もいれば、
悲しむ人もいて、怒りだす人もいます。


また、まったく違う感情を感じる
人もいるでしょう。


このように、感情の使いかたには
人それぞれのパターンがあるんですね。


その感情のパターンというのは、
幼児期から幼少期あたりには
決まると言われています。


このあたりは“精神分析”のお話になります。


あなたが良く使う感情パターンを調べると、
面白いことがわかるかも?しれませんね。


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆憂鬱を吹き飛ばすには?
◆気持ちが身体に与える影響は強烈です
◆あなたは感情を解放できていますか?
2013.05.12 15:35 | こころのコラム | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページこころのコラムその感情はあなたが選んで使っている。












管理者にだけ表示