不眠症を改善するための2つのポイント。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


「睡眠」というのは生きものにとってなくては
ならないものです。


睡眠は身体と脳を休めさせる効果があり、
またあらゆる病気や疾患などを回復させる
効果もあります。


パニック障害も良い睡眠をいかにとれるか?
が大切であり、それにより身体の緊張や
不安で凝り固まった思考などを和らげる
ことができます。


睡眠の質は身体にあらゆる影響を与え
ますので、いかにうまく良い睡眠をとるか?
がとても大切なんですね。


睡眠障害や不眠症など、もしあなたが何かしら
良い睡眠がとれず困っているのであれば、
今回のお話は役にたつかもしれません。


実は、良い睡眠は不眠症などを改善する
ためには2つのポイントがあります。


そのポイントを日常で意識しておくことで、
抱えている睡眠にたいしての弊害は
解消されるでしょう。


ではいったい、2つのポイントとは
どのようなものなのか?


それは、


“身体を疲れさせる事と脳を疲れさせる事”


という2つのことです。


人間の睡眠というのはこの2つのバランス上
にあり、この2つが整って始めて良い睡眠が
とれる
んですね。


あまりよく眠れない、寝つきが悪い、途中で
目覚めてしまう、何度も目が覚めてしまうなど、
上記の2つのバランスが悪い可能性があります。


では、身体を疲れさせる事と脳を疲れさせる事、
いったいどのようなやり方があるでしょうか。


まずは身体を疲れさせる事ですが、
これはシンプルに運動が良いでしょう。


例えばですが、


・ウォーキングをする

・ジョギングをする

・軽めのトレーニングをする

・ストレッチをする

・縄跳びをおこなう

・階段の上り下りをする

・家事を丁寧におこなう

・長めの入浴をする



など、身体が疲れるであろうことを
出来るだけ率先しておこなうことです。


上記以外でも、あなたが考える範囲で
身体を疲れさせることであれば、
なんでもかまいません。


今度は脳を疲れさせるために
出来ることですが、これは考えて
頭を巡らせるようなことが良いでしょう。


こちらも例えば、


・(資格の取得、勉学など)勉強をする

仕事に打ち込む

・難しい本を読み解く

・人になにかを教える

・人になにかを丁寧に説明する

・図面などを見て何かを作り上げる

・ブログを書く

・他者と難しい話をする



など、脳を回転させる、脳を使うことを
意識することです。


こちらも上記の方法だけでなく、あなたが
考える範囲で良い方法があればそれを
おこなうのも良いでしょう。


このように、身体の疲れと脳の疲れが
うまくマッチングしたときに良い睡眠
というのは生まれます。


ここで一つ注意点としては、いきなり
極端にやりすぎないことです。



ほどほどの心地良い疲れを感じる
くらいがちょうど良く、疲弊しすぎて
グッタリしてしまうのはおススメしません。


大切なことは上手にバランスをとること、
上手く工夫して嫌にならずにこなすことです。


先ほども言いましたが、睡眠の質は
パニック障害に影響を与えます。


良い睡眠をしっかりとるために、
身体の疲れと脳の疲れをぜひ
意識していきましょう。

=====================
※「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」
特別キャンペーン

■■本日2/14の23:59で終了です■■

パニック障害完治に必要な7つのルール。
まだ手に入れていない人は、ぜひこの
機会に手に入れてください

https://goo.gl/T7ZUhX

=====================


↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆パニック発作は弱者に強く強者に弱い
◆認知行動療法をうまく活用していくコツとは?
◆パニック障害の症状にいくつ当てはまりますか?
2018.02.14 10:00 | パニック障害に関わる他の病理 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害に関わる他の病理不眠症を改善するための2つのポイント。












管理者にだけ表示