FC2ブログ

昨日の自分を超えることでパニック障害は完治に向かう。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害の完治を目指すとき、
自分の枠を超え続けていくことはとても大切です。


自分の枠を超えるというのは、


“今日の自分は昨日の自分より1㎜でも前にすすむ”


ということなんですね。


「昨日はあそこまで歩いていけたから、
           今日は少し距離を延ばそう」

「昨日は駅まで行けたから、今日は
           駅のホームまで入ってみよう」


というような少しずつ前進する行動のことです。


昨日の行動より今日の行動が多ければ、
それだけ先にすすむことができ、
パニック障害の完治に到達するのが早くなります。



ですが、ひとつ勘違いしてはいけない、
重要なことがあります。


それは、


焦ってたくさんの行動をしようとする


ということです。


昨日の行動より今日の行動を増やす、伸ばすという
言いかたをしていますが、それは闇雲にすすめば良い、
ということではありません。



昨日の行動を超えるため、闇雲に行動を増やしてしまうと、
体力的なキャパを超えてしまい、できなかった自分を責め
行動を止めてしまう可能性があるんですね。



それでは本末転倒になってしまいます。


また、焦っていろいろこなそうとすると、
緊張感や不安感が高まり、逆に
なにもできなくなる可能性もあります。


焦る気持ちもでてくると思いますが、
焦る気持ちを脇におき、淡々と確実に
1㎜ずつこなしていくことがなによりも大切です。



昨日の自分の行動を振り返り、
一歩でも、1㎜でも2㎜でもすすむことを考える。


淡々と短くすすんでいくことが、
結果パニック障害完治までには最短距離ですよ。



↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック発作を抑える「ポージング」とは?
◆良い治療を受けるためのコツとは?
◆パニック障害は思考を歪ませてしまう
2015.11.01 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の完治に向けて昨日の自分を超えることでパニック障害は完治に向かう。












管理者にだけ表示