「気づく」ことでパニック障害の完治は加速する。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


カウンセリングの世界に、


「気づき」


という言葉があります。


これは、カウンセリングを通して自分自身の
内面で起きていることに気がつく、というものです。


例えば、


「こんな状態だったから私は疲れていたのか・・」

「父親の言うことがこんなにストレスになってたなんて・・」

「こんなにも気持ちを抑え込んでいたなんて・・」


といったように、自分だけでは気がつかない、
見えなかったことが浮き彫りになり、
現状の打開や改善するきっかけにその多くは
つながるものです。


その「気づき」というものですが、
ある「気づき」を得ることで、パニック障害の
完治が加速することがあります。



もちろん「気づき」を得たあと、それにともなった行動を
しなければなりません。


では、パニック障害の完治を加速させる、


「気づき」


とはいったいなにか?


それは、


「パニック発作を起こしているのは自分であり、
             自分で自分を追い込んでいるのだ。」



という「気づき」を得ること、
それを腑に落とすことなんですね。


もちろん知っている人もいるかと思いますが、
パニック障害、パニック発作は基本、
自分自身で引き起こしています。



自分自身で追い込んでしまい、
その結果、パニック発作を引き寄せてしまうんですね。



とても大切なことは、


“予期不安を感じても怖さを感じても、
       それをパニック発作につなげない”



ようにする思考習慣や考えかたの変化を
起こしていくことです。


予期不安が起こり嫌だな・・・と感じたとき、


「不安を生み出しているのは自分自身。
     発作につなげる必要はまったく無い。」


というように、不安を生んでいるのは自分であり、
それを発作までつなげなくても良いということを、
繰り返し腑に落としていきましょう。




三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック


← 登録すると新着記事がラクラク読めます。


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆「焦らずゆっくり」行動することでパニック障害は後退していく
◆パニック発作が確実に解消する3つのポイント
◆自己暗示で完治を遅らせていませんか?

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村
2015.08.18 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の完治に向けて「気づく」ことでパニック障害の完治は加速する。












管理者にだけ表示