FC2ブログ

薬と完治の驚くべき関係性とは?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


あなたは今現在、
何かしらの向精神薬や抗不安薬などを
服用していますか?


パニック障害に適した薬という名目で、
現在は色々な薬があります。


パニック障害の第一認薬としては、


「SSRI」


が有名ですよね。


ですが、薬を服用する多くの人は、
薬の持つ特徴自体を知らず服用している
ことがほとんど
です。


病院に行ったら処方されたから、医師が勧めたから、
薬は飲むべきもの、という他の人間の意志や、
考えによって服用している人は多いものです。


とても大切なことなのですが、薬の持つ特徴
というのは、症状を抑えこんだり、無理やり
思考を停止させたり、身体のコントロールを
奪う、というものです。


パニック障害が起きた原因や要因などには触れず、
無理やりなんとかさせようとするだけなので、
薬はパニック障害を完治に導くアイテムではありません。



この部分を把握しながら薬の服用をしていかないと、
理想と現実のギャップに苦しむことに
なりかねないんですね。


ですがまれに、薬の服用によってパニック障害が改善した、
完治させることができた、という声を聞くこともあります。


薬はパニック障害を完治に導くアイテムではない、
と先ほど述べましたが、ではなぜパニック障害が
完治した、という声があがるのか?


それは実は、薬の効果で完治・改善したのではなく、
こころの変化や環境などが変わったことにより起きた

というのが答えなんですね。


何かしらのきっかけがありストレスが解消された、
悩んでいたことの答えがみつかった、ストレスを
受けていた環境が変わった、など、精神的もしくは
物理的なことの変化によるものです。


また、薬はほぼ必ず副作用が起こるものです。


その副作用の悪影響により、治療をすすめても、
その状態が症状によるものなのか?薬の
副作用によって起こるのか?
わからなくなってしまうことが多々あるんですね。


そうなると、パニック障害の完治・改善までは、
そのぶん遠くなってしまいます。


適切な完治・改善を望むのであれば、薬を最初から飲まない、
どこかの段階で断薬する、という気持ちは常に持っておくと
良いでしょう。



三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック


← 登録すると新着記事がラクラク読めます。


【インフォメーション】
◆“パニック専門”の「無料メール相談」はこちら◆ ← クリック

※【重要】※いくら待ってもメールの回答が来ないときは

【関連記事】
◆パニック障害は薬で悪化する!?
◆パニック障害は治そうとすると治らない!?
◆パニック障害完治を遅らせる思考とは?

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村





2015.02.19 10:00 | パニック障害の薬の知識 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の薬の知識薬と完治の驚くべき関係性とは?












管理者にだけ表示