FC2ブログ

あなたは感情を解放できていますか?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


人間にとって感情というのは切り離す
ことができません。


ほとんどが感情に沿って行動しています。


普段の生活を振り返ってみると、一日の中で
コロコロ感情が切り替わっているのが
わかると思います。


嬉しいことや楽しいこと、ラッキーな
ことがあると幸せを感じますよね。


逆に嫌なことや苦しいこと、辛いことが
あると、嫌な気分を感じます。


パニック障害の場合は不安感や恐怖感を
多く感じやすいですよね。

幸せな感情は喜ばしいのですが、
嫌な感情を感じているのは辛いことです。


私三木が主に用いる心理療法に


TA・ゲシュタルト療法


があります。


※参考 ⇒ TA・ゲシュタルト療法とは?


このTA・ゲシュタルト療法は、主に感情に
対してアプローチする心理療法なんですね。


今感じている、もしくは感じやすい嫌な感情を
消化して気持ちを和らげていきます。


パニック障害だと感じやすい感情は、
不安感、恐怖感、緊張感などですね。


感情というのは無視したり拒否したり否定したり
すると、逆に感じやすくなってしまいます。


ですのでカウンセリングでは、あえて
その感情を自分の中で認める、受け入れる
ことをしていきます。


認める、受け入れるというのは、そのまま
素直に「私はこう感じている」と飲み込む
ことなんですね。


例えば、恐怖感が強ければ、


「私は怖くても良い、もちろん怖い」


と、ただ素直に口に出して認めるだけです。


これを感情消化と言います。


「私は怖くなんてない!大丈夫だ!」


と否定してしまうと、どんどん恐怖感は
増大されてしまいます。


嫌な感情を認めて受け入れる。


感情を消化させるのは、パニック障害完治に
向けてとても大切なことです。


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆TA・ゲシュタルト療法とは?
◆カウンセリングに重要な3つの効果とは?
2013.04.01 22:00 | パニックのカウンセリング | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニックのカウンセリングあなたは感情を解放できていますか?












管理者にだけ表示