FC2ブログ

全体の60%の人が自分でパニック発作を引き起こしている。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


例えば仕事をしているとき、外出をしているとき、
家事をしているとき、食事をしているときなど、
パニック発作はいきなり引き起こされたり、
表れたりすることが多いものです。


ある程度の予測はできますが、
引き起こるタイミングはそれぞれですよね。


ですが、もしかしたらそれは、自分自身で
引き起こしているのかもしれないんですね。


元々、不安体質の方はパニック障害を
発症しやすいというデータがあります。


不安体質というのは、親が不安を感じやすかったり、
身近にいる人が不安を感じやすかった場合に
身についてしまったり、元々そのような気質
があり生まれてきた、といった原因があります。


不安を感じやすい人は、小さな発端や糸口から
大きくそれを広げていってしまい、自分で自分を
追い込んでしまうことが多々あります。


普段は気にならないことでも一旦気になって
しまうと、そこから思考が抜け出せずに、
不安に集中してしまうんですね。


パニック発作も同じで、小さな糸口は糸口
として気にならなければ良いのですが、
他のことを無視してまでもそちらに
集中してしまいます。


そうなってしまうと、まさに自分自身で
パニック発作を引き起こしている

言えるんですね。


不安を感じやすい体質の人がパニック障害を
完治させていく場合、不安に支配されやすい
思考や考え方を変化させていくプロセスが
必要
になります。


この部分は自分ひとりではとても難しい
領域なので、カウンセリングでの
アプローチが必要となります。


「私は不安を感じやすいかも・・・」


と思う所があれば、ぜひ一度カウンセリングの
お問合せをくださいね。


カウンセリングについて ← クリック


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック発作を起こさないコツについて
◆カウンセリングをためらっているあなたへ
◆カウンセリングを受ける人は強い
2014.02.15 10:00 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害について全体の60%の人が自分でパニック発作を引き起こしている。












管理者にだけ表示