FC2ブログ

薬を飲んでも効果が無いことがあります。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


病院で処方される“薬”というのは、その時々の
状態により効果がある場合と、効果が無い場合
とに分かれます。


もしかしたら、あなたも効果が無い、実感
できない状態であるのに飲み続けている
かもしれませんね。


細かいところも多くあり、全てではありませんが、
効果の有無を見極めるポイントとして、


身体の臓器に異常があるか?心因的なものか?


というものがあります。


例えば、一口に「うつ」といっても種類があります。


うつ気分、うつ状態、抑うつ、うつ、などですね。


身体が悪いストレスを溜めこんでしまい、気分が
滅入ってしまっているもの、いわゆる


「心因性」


と呼ばれるものが上記に当てはまります。


気分を安定させる精神安定剤などは「こころ」を
楽にする働きがありますのでネガティブに
陥ってしまっている気分を上げる働きがあります。


心因性の「うつ」ではなく「うつ病」というのは、
脳という身体の臓器が異常をきたしている状態
です。


神経伝達物質などを正常に機能させる働きが必要に
なりますので、それに伴った薬が必要になります。


薬というのは、クライアントの状況や状態、
気分や身体の異常に伴って処方する必要が
ありますので、見立て違いだと延々と
効果が無い薬を飲むことになる可能性がある
んですね。


もし、長い時間薬を飲んでいても効果が
感じられない時、医師にその旨を伝える
ことが大切です。


中には聞く耳を持たない、意見を取り入れない
医師もいますが、素直に現在の状態を伝える
ことが必要です。


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆SSRIと併用することが多い抗不安薬について
◆パニック障害の代表的な薬について
◆サプリメントもパニック障害のあなたを助けます
2014.01.05 10:50 | パニック障害の薬の知識 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の薬の知識薬を飲んでも効果が無いことがあります。












管理者にだけ表示