FC2ブログ

パニック障害を悪化させる要因の一つはこれです。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


突然ですが、あなたはパニック障害を
悪化させてしまう要因について知っていますか?


要因については大きく分けて3つありまして、
その中の一つは「過労」です。


仕事が忙しく働き過ぎ、中々休むことができない、
リラックスする時間が持てない、など、疲労が
蓄積してしまうと、いつも続く緊張によって
パニック障害が悪化する可能性があります。


2つめの要因は「ストレス」です。


ストレスは過労にも関係してくるのですが、
悪いストレスの溜めこみは良くありません。


ストレスを上手に発散する、逃がす、潰す方法を
持っていないと、パニック障害の悪化に飲み込まれる
可能性がありますね。


そして、3つめの要因は、


睡眠の質


なんですね。


睡眠というのは、体力や気力を回復させたり、
異常が起きている部分を正常に戻す働きがあります。


なので、睡眠の質が悪いとパニック障害に
大きな影響を与えてしまう
んですね。


睡眠の質が低下してしまう原因に、


「睡眠時パニック発作」


というものがあります。


眠っている間に発作が起こってしまうもので、
そのため目が覚めてしまい睡眠の質が悪くなる、
という悪循環に陥るものです。


眠っている間も自分では気づかないレベルの
緊張があり、それが睡眠時パニック発作を
誘発しているのでは?と三木は考えています。


いずれにしても、要因を取り除いていくことが
パニック障害の完治を目指すうえで重要になります。


次回も引き続き、睡眠についてお話しますね。


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆これが究極のストレス解消法です
◆気軽にできる5つのストレス解消法とは?
◆パニック発作は睡眠の良し悪しで左右されます
2013.12.09 10:00 | パニック障害に関わる他の病理 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害に関わる他の病理パニック障害を悪化させる要因の一つはこれです。












管理者にだけ表示