FC2ブログ

女性ならではのパニック障害の影響とは?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害は、男性よりも女性の方が罹患率が
高いと言われています。


罹患率(りかんりつ)とは、パニック障害が
引き起こされる確率のことですね。


世界的な調査でも、広場恐怖の無いパニック障害は
男性の約2倍、広場恐怖を伴うパニック障害は男性の
約3倍かかりやすいと言われています。


男性も多くの方がパニック障害に困っていますが、
でもなぜ女性の方が罹患率が高いのか?


それは、女性ならではの要素がパニック障害に
影響を及ぼすから、と言われているんですね。


女性ならではの要素とは、月経であったり、妊娠や
出産といった要素のことです。


女性は月経前になると、イライラ、怒りっぽい、
憂うつ感、気分のアップダウンといった精神的な
変化や、便秘、下痢、むくみ、頭痛、腹痛、
などといった身体的な症状が出やすくなります。


このような状態のことを「月経前緊張症」
と言いますが、女性はこの状態にあるときに
パニック発作が起こりやすく、また悪化して
しまうケースが少なくないと言われています。


こういった女性ならではの特徴、要素の関係で、
女性のパニック障害が多いと言えるんですね。


あなたがもし、今までは月経とパニック障害は
関係ないと思っていたのであれば、少しだけ
認識を変えてみるのが良いでしょう。


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆怒りっぽくなっていませんか?(アンガーアタック)
◆パニック障害がカウンセリングで和らぐ理由とは?
◆パニック発作を減らすのに役立つリラックス法とは?
2013.12.03 10:00 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害について女性ならではのパニック障害の影響とは?












管理者にだけ表示