FC2ブログ

パニック障害になぜカウンセリングが必要なのか?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害にはカウンセリングがとても有効です。


でも、なぜ有効なのか?
というのはあまり説明されていませんね。


カウンセリングというのは、カウンセラーが
クライアントのお話にしっかりと耳を傾けて聞きます。


クライアントはカウンセラーにお話をしていると、
胸の中でイマイチはっきりしなかったこと、
モヤモヤしていたことのモザイクが段々と
晴れてきます。


今までこころの中に点でしかなかったものが、
言葉に出して相手に伝えていくと、徐々に
繋がり線になっていくんですね。


例えば、今まで人から嫌われてきた人生であり、
人は皆自分のことを避けている、とおっしゃる
クライアントがいるとしましょう。


人に嫌われる感覚を持っている辛さ、人が近づいて
こない寂しさなど、考えていることや感じている
感情など言葉にして出していくと、段々と自分を
客観的に見れるようになっていきます。


その結果、


「もしかしたら今までは周りが自分を嫌っていたと
 思ってたが、自分の行動はどうだっただろう?」

「そういえば、近づいてくるのを待つだでじゃなく、
 自分から近づいてもいいのでは?」


といったような“気づき”を得ていくんですね。


近くしか見れなかったものが、遠くから
問題を見れる、考えられるようになっていきます。


カウンセラーからの適度な質問や応答、クライアントが
言葉にできない事を言葉にして伝え返したりする事で、
どんどんと視界がクリアになっていきます。


そうして、本当に感じていた気持ちや思い、
考えなどが明確になり、クライアントの
中で腑に落ちていくんですね。


パニック障害も同じで、薬では解決し得ない
内面に隠れている問題を明確にして、
解消させていきます。


根本からの問題を解消したい、胸の中にある違和感の
正体を知りたい、など、一度カウンセリングの
効果を試されてみるのが良いかもしれません。


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆カウンセラーを選ぶとき知っておくべき3つのこと
◆カウンセリングをためらっているあなたへ
◆あなたのパニック障害はこころの傷が原因?
2013.10.29 10:00 | パニックのカウンセリング | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニックのカウンセリングパニック障害になぜカウンセリングが必要なのか?












管理者にだけ表示