FC2ブログ

コーピングをうまく使ってやり過ごす。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


「コーピング」


という専門用語があります。


これは、「問題に対処する、切り抜ける」
という意味をもつメンタルヘルスの用語です。


不安を感じている状況や状態、発作の
脅威などからうまくやり過ごす方法の
ことなんですね。


現在、ストレスコーピングというものの
研究が多く行われていますが、パニック障害
についてもコーピングを利用することは、
とても有効なことです。


このブログでも何度かお話をしていますが、
例えばパニック発作が起きそうなとき、
ガムを噛んでみる、キャンディーを
口に含める、水を飲む、鼻歌を歌う、
複式呼吸をする、などですね。


あなたの気が紛れることであれば、
上にあげたことでなくても、何でもかまいません。


コーピングは、日常生活でも意識して行い
習慣化していくと、無意識でもそれを
実行できるようになるので大変有効です。


また、普段の生活での過ごし方にもポイントがあります。


身体の緊張をほぐしたり、リラックスできることを
率先して行うと良いですね。


・ぬるめのお風呂にゆっくりつかる

・笑えるものを読む、見る、聞く

・ストレッチ、ウォーキングなど適度な運動

・目をつむりながら好きな音楽を聞く

・楽しいと思える趣味を持つ

・できるだけバランスの良い食生活



上記のように、楽しむ、楽になる、身体を動かすなど
できることから始めてみましょう。


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆真夏の疲れはパニック発作が起きやすくなります
◆パニック障害完治に向けての運動のコツとは?
◆書き出すことでストレス解消できる方法があります
2013.08.17 10:00 | 自分で出来る改善方法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ自分で出来る改善方法コーピングをうまく使ってやり過ごす。












管理者にだけ表示