FC2ブログ

パニック障害に家族はどう接すれば良いか?その2

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


前回はパニック障害に対してのご家族の接し方、
協力していくためのポイントをお話しましたね。


※参考
パニック障害に家族はどう接すれば良いか?


今日は、ご家族や周りの人が気をつけたい
言動や態度についてお話をしますね。


パニック障害というものは、生真面目で真っ直ぐ、
デリケートであり、どちらかというと自分に厳しい
人が発症する傾向にあります。


そのような性格傾向ですから、自然と
周りの目を気にしてしまいがちに
なるんですね。


「発作を起こしてしまったら迷惑をかけてしまう」

「周りに変な目で見られてしまうかも」

「こんな病を患ってしまう自分はダメな人間だ」


というように考えてしまいがちになり、
孤独感や疎外感を感じやすくなります。


ですので、出来るだけご家族や周りの人は
温かで前向きな言動や態度を心がけて頂くことが、
パニック障害完治へ大きくつながることになります。


心がけたい言動や態度としては、


・不安が強いときは出来るだけ側にいてあげる

・話し相手、話を聴いてあげる

・「いつでも支えるよ」という安心感を与えてあげる

・「もっと強くなれ」「こころが弱いからだ」と決めつけ
 なじったりしない

・絶対に完治する、信じていることを示してあげる

・一緒に病気と闘う気持ちを持っていることを示す



上記のような態度や言動を持つことがパニック障害の人の
緊張をほぐし、安心してパニック障害の治療に望むことが
できるようになります。


ご家族や周りの人は、ぜひ上記のことを心がけ、
パニック障害完治までを一緒に歩んで頂きたい
と思います。


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害に家族はどう接すれば良いか?
◆その経験はパニック障害の完治を先送りさせます
◆強烈なダメージがパニック障害の誘因になる?
2013.08.13 10:06 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(2) |
トップページパニック障害の完治に向けてパニック障害に家族はどう接すれば良いか?その2

友人が先月、仕事中に倒れてパニック障害と診断されました。
正直、近い人間関係でこういうことは初めてなのでどうしたら良いかわかりませんでしたが・・・
周りの知識の浅い人から「そんな人に近付いちゃダメ」とか言われたり。
でもこのブログに出会えて良かったです。
友人は幸いにも薬による治療とカウンセリングを始めてますので皆で支えていきたいと思います。
このブログも教えてみたいと考えています!!!

2013.08.30 21:28 URL | mimi #- [ 編集 ]

> 友人が先月、仕事中に倒れてパニック障害と診断されました。
> 正直、近い人間関係でこういうことは初めてなのでどうしたら良いかわかりませんでしたが・・・
> 周りの知識の浅い人から「そんな人に近付いちゃダメ」とか言われたり。
> でもこのブログに出会えて良かったです。
> 友人は幸いにも薬による治療とカウンセリングを始めてますので皆で支えていきたいと思います。
> このブログも教えてみたいと考えています!!!


mimiさん

コメントを頂きましてありがとうございます。
パニック障害専門カウンセラーの三木ヒロシです。

とてもご友人思いでいらっしゃるのですね。

パニック障害は、周りの理解が難しいものです。
身体感覚などは本人でないとわからず、理解され
にくいため孤立してしまいがちになります。

ぜひ、温かに寄り添ってあげてくださいね。

このブログもぜひご紹介頂ければと思います。


三木ヒロシ

2013.09.01 08:23 URL | 三木ヒロシ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示