FC2ブログ

パニック障害「完治」の秘訣。2017年12月

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

2017年11月 | 2017年12月の記事一覧 | 2018年01月

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


今日は2017年12月31日。


大晦日ですね。


今年もあと14時間ほどで終わります。


今年はどのようなことがありましたか?


良いこともあったでしょうし、なんだか
嫌なこともあったかもしれませんね。


人間は良いことよりも嫌なことのほうを
記憶する生きものと言われています。


ですが、総合的にみてみると、結構
良いこともあるはすなんですよね。


ですが、それを覆してしまうくらい、
嫌なことは記憶されてしまいます。


このブログを立ち上げてから、
気がついたら4年と10か月が
経っていました。


ここ最近、更新頻度が減っていますが、
来年からはまた、気持ちも新たに更新を
増やしていこうと思います。


そして、実は現在新しいパニック障害に
関してのブログを立ち上げています。


そちらはさらに細かく、さらに詳細に、
パニック障害の完治や改善のために
書いています。


まだ20記事ほどしかありませんが、
よろしければそちらも並行して
お読みくださいね。


「パニック障害 徹底改善への教科書」

http://healpanic.net/textbook/


また、来年は新たな企画も考えており、
これまで以上にパニック障害でツラい
思い、苦しい思いをしている方々に対し、
より交流的なイベントを考えています。


よりよいパニック障害の改善を図るために。


さらに完治する方々を増やしていくために。


どうぞ、楽しみにしていてくださいね。


それでは、本年もお世話になりました。


どうぞ、良いお年をお迎えくださいね^^





↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック

2017.12.31 10:00 | カウンセラーとして思うこと | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


「予期不安」というのはパニック障害に
おいて、ほぼ常に隣り合わせにある
ものです。


パニック障害は最終的に予期不安
との闘いになることが多く、いかに
それを考えない、湧きあがらせない
かが重要になっていきます。


そうはいっても予期不安からなかなか
抜けさせず、日々嫌で苦しい思いを
している人も多いでしょう。


実はその予期不安という感情、
自分自身で生み出して作り上げて
いると知っていましたか?



勝手に湧き上がってくるのでなく、
自分の中にあるきっかけによって
自分で作りだし大きくしています。



ここでいう自分の中にあるきっかけというのは、


・発作が起きたトラウマ

・不安に対するこだわり

・過度に心配し過ぎてしまう

・自分の力を信じ切れていない



というものです。


このきっかけを元に予期不安を
湧き上がらせ、膨らませ、縛られる
ようになります。


これは自分のなかのルールになって
いる可能性があります。


このルールをひとつずつひも解き、
解消させていくことが今後予期不安
を湧きあがらせないポイントになります。


では、上記にあげたきっかけを元に、
解消させていくコツなどについて
お話をしていきましょう。



■発作が起きたトラウマ


誰でもパニック発作が起きたとき、
それはひとつのトラウマになります。


1~2回だけの発作であればトラウマ
にならない人もいますが、その多くは
くり返し起こるものですので、気づいたら
トラウマになっています。


このトラウマから脱出していくには、
パニック障害専門のカウンセリングを
受ける
こと、そこに伴う感情をしっかり
消化させていく必要があります。


感情の消化は不安や怖さなどの
感情を受け入れてしまう、認めて
しまうことで促されていきますので。


感情消化の参考記事↓↓↓↓

あなたは感情を解放できていますか?



■不安に対するこだわり


「不安」という感情に対してこだわって
しまう、考えすぎてしまうことが
あります。

不安というのはある意味自然な感情
であり、本来は自分自身を守ってくれる
感情です。


不安が敵だと思うとツラく苦しくなって
しまいますので、まずは不安は敵では
なく守ってくれる存在だと認識することが
大切
です。


そしてそれに伴い、不安に集中してしまう、
不安を考えすぎてしまうことを止めていく
努力も必要になります。



■過度に心配し過ぎてしまう


過度に心配し過ぎてしまうこともまた、
予期不安のきっかけとなり膨らませて
しまうことにつながります。


心配を感じることは人間であれば当然です。
しかし、それが過度になってしまうと
ツラく苦しいだけになってしまいます。


心配し過ぎを感じたら、まったく違う
ことに気持ちを集中させたり身体を
動かすことに集中し、心配に留まらない
ようにしましょう。


■自分の力を信じ切れていない


自分の力を信じ切れず、予期不安を
湧き上がらせてしまうことがあります。


これまで自分がやってきたこと、
それに伴う経験値などを無視して
しまい、自信を持つことを苦手と
感じてしまうことですね。


どのようなことでも良いので、
小さな成功体験を積んでいくことが
自分の中の自信を作り上げていきます。


苦手な場所に行ったり、出来ないと
感じていることを率先してやってみる
ことで、成功体験は積まれていきます。


ほんの些細なことでも大丈夫ですので、
まずはトライすることを始めましょう。


上記にあげたきっかけをカウンセリングを
受ける、感情を消化させたり行動を起こす
ことで解消させていくことが大切です。


そして予期不安を生み出さない、湧き上がらせ
ない力を身につけていきましょう。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆予期不安から楽に抜け出す方法とは?
◆あなたがパニック障害に陥っている決定的な原因とは?
◆パニック発作の引き金になるもの
2017.12.30 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害と不安はとても密接な関係に
あります。


不安を強く感じ怖さに包まれてしまい、
あらゆる一歩を踏み出すことができない
こともあるでしょう。


それは例えば、距離を伸ばすための
外出であったり、苦手なことを克服
していくためであったりと、様々です。


そのように色々なところに弊害をもたらす


「不安」


という感情ですが、それを身体面から
解消させる方法があります。


「不安」自体は人間が持っている本能的な
感情ですので無くすことはできませんが、
それを適切な範囲まで取り去っていく
ことは可能
です。


それには一体なにをどうすれば良いのか?


それは、


“身体を鍛え筋肉量を増やす”


ことなんですね。


身体を鍛えると言いましたが、無理して
負荷の高いトレーニングをす必要は
ありません。


自分のできる範囲、負荷を高めない
くらいのトレーニングで十分です。


例えばですが、


・スクワットを5回~10回の範囲でおこなう

・腹筋を5回、背筋を5回ほどおこなう

・腕立て伏せを5回ほどおこなう

・かかと上げを10回ほどおこなう



というような、ほとんど負荷がかからない
範囲でも十分効果はありますので。


これを1日おきにおこなうことで、数か月
後には筋肉量が増えています。


しかしなぜ?トレーニングをして筋肉量を
増やすと不安がコントロールできるのか?


それには理由が3つあります。


一つ目の理由は、筋肉をつけることで、
その力強さが自信につながっていく
から
というものなんですね。


筋肉を適切につけているあらゆる
スポーツマンや格闘家などは、
自分に対し自信をもっていますよね。


トレーニングを駆使して身体を作ってきた
ので、その経験値が自信へとつながって
いるんですね。



パニック障害に陥り自信を無くしている
人はとても多いものです。


自信を持てれば持てるほど強さにつながり
ますし、自分への信頼感も高まります。


二つ目の理由は、身体を鍛えることで
湧き上がる高揚感というものです。


高揚感は幸せを感じることと同義ですので、
身体が強くなり筋肉がつく嬉しさで不安が
消え去っていきます。


幸せを多く感じることができる人は、
例え不安を感じても、それに飲み込まれる
ことは一切ありません。



幸福感を分泌するホルモンは不安感を
拭い去る力がありますので。


最後、三つ目の理由ですが、筋肉を
つけることで自分に余裕がでてくる
というものです。


パニック障害は基本すべてに対して
余裕が失われます。


余裕のないがゆえ、いろんなことで
焦ってしまったり自分を責めてしまう
ことに意識が向いてしまいます。


ですが、身体を鍛えてある程度筋肉を
つけることでこころに余裕が生まれ、
必要以上に焦ったり自分を責めて
しまうことから抜け出すことができます。



筋肉量というのは、ある意味強さの
表れです。


強さの表れというのはあらゆる物事に
対して余裕のある状態です。


その強さの表れである余裕を持つため、
筋肉量を増やすことは大切なんですね。


あなたが感じる不安をキレイに取り去って
いくため、負荷の高くないトレーニングを
始めてみませんか?




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆まとわりつく緊張感を一発で解消させるエクササイズとは?
◆内面で起こる5つのメッセージでパニック障害は強化される
◆パニック障害を克服した芸能人と一般人3つの違い
2017.12.25 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


「パニック障害の改善はすすんでいるけど、
いまいちスッキリと治っている感じがしない」

「色々と行けるようになったけど、また
発作がどこかで起きるのではと心配してしまう」



など、パニック障害の改善自体はなにも問題
なくすすんでいるのに、スッキリしなかったり
心配が頭から離れないこと、ありませんか?


実は上記のようなことで悩んでいる人は多く、
その考えからなかなか抜け出せないでいます。


改善はすすんでいてかなり自由になっているのに、
そこで悩んでしまうのはツラいことですよね。


このような悩みには、実は共通の理由があり、
それによって身動きが取れなくなっている

ですね。


「火の無いところに煙は立たない」という言葉
もありますが、まさにその悩みに行き当たる
理由があります。


もしかしたら知らず知らずのうちに、あなたも
この理由に該当しているかもしれません。


ではいったい、いまいちスッキリしなかったり
心配が頭から離れない理由とはなにか?


それは、


“パニック障害にコダワリ過ぎている”


ということが言えます。


ある意味パニック障害について考える
ことに慣れ過ぎてしまい、頭からそれを
切り離せないような状態
です。


パニック障害を考えることに慣れて
しまうと、気づかないうちにどのような
ことでもパニック障害につなげてしまう、
ということも起こります。


本来はパニック障害のことなど考えたく
もないはずですが、つい無意識で
パニック障害につなげてしまうんですね。


とても大切なことですが、このコダワリを
生み出しているのはあなた自身である

ということです。


そして、それによってパニック障害が
あなたから離れないという事態に
陥ってしまいます。


ですが、この状態から抜け出す方法が
ひとつあるんですね。


それは、


「自分はしっかりと改善しているし
何も問題ない」



ということを何度も何度も腑に
落していく、という方法です。


あなたが改善されている、治ってきて
いることは事実であり現実です。



スッキリ治っている気がしない、
またどこかで発作が起きるのでは、
ということを考えてしまうのは、
理不尽な妄想でしかありません。


現実のあなたは問題なく治っています。


パニック障害の完治、改善への軌道
に乗っているんですね。


「自分はしっかりと改善しているし
何も問題ない」


というのはひとつのアファメーションですが、
くり返しくり返し言葉にだしていくことで、
脳はそれを事実だと記憶していきますので。


アファメーションを上手く使い、ネガティブな
考えに上書きをしていってしまいましょう。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆人を使ったパニック発作の対処法とは?
◆思い込みの強さがパニック障害を強化する
◆パニック障害にカウンセリングが効く4つのポイント
2017.12.14 08:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
人知れず頑張って努力しているあなたへ。


時に、苦しくてツラくて耐えられなくて、
泣き出してしまうこともあるでしょう。


時に、一生懸命頑張っているのに、
それが報われていないと感じるときも
あるでしょう。


時に、なにもかもが嫌になり、自分の
運命を恨んでしまうこともあるでしょう。


時に、パニック障害から一生抜け出せ
ないのでは、と不安に怯える日もある
でしょう。


時に、ふっと未来のことを考え気分が
沈み、眠れない夜を過ごすこともあるでしょう。


自分のすべてを否定してしまい、自分と
周りの人も傷つけ、自暴自棄になる
こともあるでしょう。


なぜ自分がこんなに苦しくてツラい思いを
しなければならないのか?すべてを
投げ出してしまいたくなる事もあるでしょう。


生きていること自体が重荷になり、死を
意識することもあるかもしれません。


いろんなことが頭の中を駆け巡り、
どうしたらいいのか?考えることすらも
できなくなっているかもしれませんね。


でも、いまちょっとだけ、少しだけ、
あなたのこれまでの人生を振り返って
みてください。


あなたが幼稚園や保育園のころ、
どんなことがありましたか?


あなたが小学生のころ、どんなことが
ありましたか?


あなたが中学生のころ、どんなことが
ありましたか?


あなたが高校生のころ、どんなことが
ありましたか?


あなたが大学生のころ、どんなことが
ありましたか?


小さな自分から大人の自分になって
どのようなことがあったのでしょうか?


楽しかったこと、嬉しかったこと、お腹
から笑えたこと、たくさんあったかも
しれませんね。


逆に、苦しかったりツラかったり、嫌な
ことばかり浮かんできたかもしれません。


いろんなことがあって、いろんな出来事が
あって、それでもここまで生きてきたのは、
ある意味あなたの力です。


他の誰でもない、他の誰にもない、
この世界でたったひとつだけの、
あなたという人間の持つ力です。


他の誰かは関係ありません。


健全でハツラツとしている、
よその誰かは関係ありません。


いまどのような状態にいても、
苦しくてツラい思いをしていても、
それでも生きているあなたは立派です。


人に知られることなくひっそりと頑張って
努力している、あなたは立派です。


周りに理解されなくても、人から傷つけ
られても、それでも前を見ているあなたは、
美しくて強い存在です。


あなたの価値は他の誰かはわからない
かもしれません。


あなたの頑張り、努力は誰にも知られず、
一生を過ごすことになるかもしれません。


でも、あなたはあなた自身の頑張り、
努力を知っています。


頭ではわからなくても、こころのずっと
奥ではそのことに気がついています。


たとえいまパニック障害であっても、
それとは関係なくあなたには眩いほどの
絶大なる存在価値があります。


すごい人でもなく偉い人でもなく、
あなただけの絶大なる存在価値があります。


どうか、諦めないでください。


どうか、自分を信じてください。


どうか、自分の存在価値を知ってください。


そしてどうか、あなたにはパニック障害を
消し去る力があることを理解してください。


下を向いてしまうこともあるけれど、
上を見ると空が広がっていることに
気がつきましょう。


努力が空回りしていると感じることが
あるけれど、でもそれはすべて経験値
になっていることに気がつきましょう。


周りに人に理解されないと落ち込んで
しまうことがあるけれど、周りは気が
つかないあなたの頑張りがあることが
すべてだということに気がつきましょう。


あなたはあなたというだけで良いんです。


それで、大丈夫です。


一呼吸して、楽にかまえて、また新たに
歩きだしていきましょう。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆パニック障害が改善しない人の陥りやすい考えかたとは?
◆パニック障害は「ある状態」をつけ狙ってきます
◆思い込みで完治を先延ばしにしていませんか?
2017.12.09 10:00 | こころのコラム | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


あなたは「依存」と「依頼」という2つの
違いを知っていますか?


そして、その違いを把握していないと、
パニック障害の深みにハマってしまう
こと
を理解しているでしょうか。


パニック障害の深みにハマるというのは、
パニック障害から抜け出せなくなってしまう
状態を指します。



適切な完治、改善への努力をしていけば
必ずパニック障害から脱却できます。


できるのですが、「依存」と「依頼」の違いを
理解していないと知らず知らずに脱却する
ことがとても難しくなってしまう
んですね。


「依存」という状態は、自分の力ではなく
他の誰かの力に頼り切りになってしまい、
その人がいなければほぼ何もできない
状態のことを言います。


「依頼」というのは基本はすべて自分の
力で乗り切る努力をしうまくコントロール
している状態であり、どうしてもという時
だけ他の人の力を借りる行為です。


違う言いかたをすれば、「依存」というのは
本来自分の力で前に進んでいくことが
できるのに、それを阻害してしまうおこない
のことです。


一方「依頼」というのは本来持っている自分の
力をしっかり理解し、難しい場面の一時だけ
他者の力を取り入れるおこないのことです。


そう考えると、いかに「依存」というものが
あなたの本来の力を弱めてしまうのか、
わかりますよね。


逆に「依頼」というものはあなたの力を
弱めず、本来の力をそのままさらに
伸ばしていくのかがわかります。


ですのでいかに自分ひとりでは難しい
状況を「依存」せずに「依頼」することで
乗り切るか?ということがカギになります。


ここからは「依存」がもたらすデメリット、
「依頼」がもたらすメリットなど挙げて
いきましょう。


<「依存」がもたらすデメリット>


・何をするにも他の誰かの指示や協力が
ないと動けない

・依存している対象の人がいないと不安定
になり落ち着かない

・自分の頭で考えられず頭の回転自体が
鈍くなってしまう

・パニック障害と併発しやすい怒り発作が
起きやすくなる

・不安を怖さが徐々に強くなっていって
しまう



<「依頼」がもたらすメリット>


・基本は自分で考え行動でき改善までが
比較的早い

・自分を信じているのですすんで行動を
起こすことができる。

・自分ではまだ難しいと感じることを他者に
頼むが、それは一時だけで終わる

・飲み込みが比較的早く、発作に対する
セルフコントロールができる

・不安や怖さといった感情は感じるが、
深くまで飲み込まれない



上記のように、「依存」というのはデメリット
になることしかなく、「依頼」はメリットに
なることばかりですよね。


もしあなたが自分自身他者にたいして
「依存」が強いと感じていたら、いかに
そこから抜け出すかを考えることが
必要です。


「依存」から抜け出し「依頼」に変わるには、
まずは自分の頭で考え自分の力を信じ、
頼らず行動してみること
です。


いままでやってきたことの真逆をおこなう、
他者にコントロールしてもらうことを止め、
自分で自分をコントロールすることを
学んでいくことです。


最初は苦しく不安定になるかもしれませんが、
その先にはあなたが望む自由な未来が
待っていますので。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆認知行動療法をうまく活用していくコツとは?
◆「パニック障害は病気ではない」と把握することが大切な理由
◆こころの傷はパニック障害完治を難しくする
2017.12.06 08:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |