パニック障害について

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


「笑う」という行為は免疫力や自然治癒力を上げたり、
あらゆる細胞を活性化させます。


そしてそれは、ガンという難病をも治す力を
持っていると言われています。


笑うことで「ナチュラルキラー細胞」という
細胞が活性化され、ガンを消していくんですね。


そんな大きな効能がある「笑う」という行為ですが、
それは心の病にも有効です。


そう、なにを隠そう「パニック障害」にも
有効です。


「笑う」という行為は身体がリラックスし、
安心を感じている状態で出来るものです。


ですのでいかにリラックスできて安心を
感じられる場所や環境を確保しておくか?
ということがとても大切です。


例えばですが、ご自宅や自分のお部屋
などがこれに該当するかもしれません。


ですが、そうは言ってもなかなか笑える機会
が無かったり毎日不安との格闘で笑える
余裕がないかもしれませんね。


そんな時は無理に思いきり笑おうと思わずに、


“笑うふり”


をしてみるだけでも感覚が変わります。


「ふりをし続ければ本物に変わる」


と言われているように、まずは不安でも怖さが
あっても良いので笑うふりをしてみましょう。


実際の笑うふりの方法ですが、3ステップに
分かれています。


1、まずは口角を上げ笑ったような顔をしてみる

2、口角を上げたまま口を開き「ハハハハハ」と
声を出して笑ってみる

3、声を出して笑ったまま両手を何度か叩く

4、上記1~3に慣れてきたらお腹に力を入れて
思いっきり笑ってみる



というステップですね。


最初はうまくいかなかったり馬鹿らしくなって
しまうかもしれません。


ですが、大切なことはうまくできなくても
馬鹿らしくなってもとりあえず続けてみる
ことです。



続けた先にしか見えないことがあり、
このステップがパニック障害の改善に
ダイレクトにつながるかもしれません。



先ほども言いましたが、パニック障害は
不安や怖さという感情が優先しやすいので、
笑うというのは難しく感じるかもしれません。


ですが、不安や怖さを感じながらでも
笑ってみると、いつしか不安や怖さが
和らぐということがあります。



免疫力や自然治癒力を高め最終的には
パニック障害改善の大きな武器とする
ために、ぜひ笑う練習をしてみましょう。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆パニック発作は弱者に強く強者に弱い
◆夏の暑さで発作を起こさないためやっておくべき4つのこと
◆パニック障害の「真の改善」とはなにか?

2018.05.23 10:00 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


「パニック障害でも恋愛ってできるのか?」


と不安を感じることはないでしょうか。


パニック障害という病に陥ってしまい、
今後人として恋愛をして温かな幸せを
手に入れるのは無理なのでは。。。


そのように悲観してしまうことが
あるかもしれませんね。


人に恋をしたり好きになったりと、
その状態はとても気持ちが高まり、
毎日が楽しくこころ弾むものです。


その人のことを考えるだけで幸せな
気持ちになり、こころ安らぐことも
たくさんあるでしょう。


恋愛という感情によって幸せな
気持ちを噛みしめ、それが毎日の
カンフル剤になることも少なくありません。


ですが、パニック障害というものは
時としてそういった幸せな気持ち、
安らぎを奪ってしまうことがあります。


パニック障害というのは他者に理解
されにくく、陥ってしまった本人は
孤独になってしまいがちです。


場合によっては恋愛そのものを
諦めてしまい、誰かを好きになる
ことを自ら避けてしまうかもしれません。


また、すでに誰かに対して恋愛感情を
持っていても、パニック障害のことを
考えて身を引いてしまうかもしれませんね。


ですが、ここでひとつ言える答えとしては、
パニック障害だからといって恋愛を諦める
必要はありません。



ということです。


先ほどもお話しましたが、恋愛という
感情はひとつの本能的なものです。


子孫を残すというDNAがあるので、
人間は恋愛感情を避けていくことは
不可能に近いんですね。


ですので大切なことは、パニック障害
を自覚しながらも恋愛を諦めない努力
をする。



ということを意識していく必要があるんですね。


また、パニック障害で恋愛をしていく
のに重要なポイントがあります。


それは、


“パニック障害であることをカミングアウトする”


ということなんですね。


出来れば相手に知られたくないかも
しれませんし、隠し通しておきたいと
思うかもしれません。


もちろん誰かれ構わずにカミングアウト
する必要はありませんが、好きになった
人、思いが通じ合った人には話しておく
ことが重要です。



恋愛というのは1人で出来るもの
ではありません。


大切に想う人がいて、こころが通じあい、
そこで初めて2人で歩いていくことが
できます。


そんなパートナーには包み隠さず
現状を伝え、一緒にパニック障害と
闘ってもらうのが良いでしょう。


不安なとき、苦しいとき、ツラいとき、
側で支えてくれる存在というのは
大きいものです。


そして、2人でパニック障害を乗り越えて
いく、闘っていこうと気持ちが通じたとき、
とても大きな安心感が得られるものです。


安心感を感じながら寄り添ってもらい、
時に頼ることもとても大切です。


もう一度言いますが、パニック障害
といえど恋愛を諦める必要は一切
ありません。


パニック障害の改善を諦めない、
もしくはうまくつき合っていくことで、
いかようにでも恋愛は可能なんですね。


恋愛をすることに制限はありませんし、
際限などありません。


あなたが感じたように、思うように
進んでいくこと。


諦めない気持ちのその先には、
いつでも素晴らしい未来が待って
いますので。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆原因を探ることが完治への近道になります
◆あなたの人生を豊かに幸せにする2つの方法
◆パニック障害に有効なリラックス法をご紹介します
2018.02.20 10:00 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害は色々な原因、要因から発症する
ものですが、その原因や要因の多くは、


「何かに囚われている」


ことから発症します。


ここでいう「囚われている」というのは、
あなたの中のこだわりであったり、
無意識で執着している何かのことです。


例えばですが、


・対人関係のしがらみをガマンしている

・親兄弟間の関係性を苦しく感じている

・仕事の手を抜けず真面目にやり過ぎる

・完全な家事や育児を目指している

・何をするにも他者の目が気になってしまう

・何事も余裕がなく遊びがない

・失敗してはいけないと強く自分を縛っている



などなど、上記がすべてではありませんが、
このように何か、自分の気持ちや動きを
止めてしまっているような原因や要因が
あります。


これらはほぼ無意識でおこなっていること
であり、自分ではなかなか気がつけない
かもしれません。


これらの多くは幼少期から築き上げてきた
性格やキャラクターなどによって発動します。


本当はやりたくないのにガマンしてきたり、
自分の考えなどを否定されてしまうと、
知らず知らずそれが当たり前になって
しまい、感覚がマヒしてしまうんですね。


そして、そのマヒした感覚を積み上げて
しまうことで無意識でのとても大きな
ストレスとなり、アラームとしてパニック発作
が起きる、というメカニズム
なんですね。


性格であったりキャラクターというと、もう
それは変更できない、変えることができない
と感じてしまいますよね。


確かにいきなりそれらを真逆にすることは
難しいのですが、自分の内面に耳を傾け、
行動を変えていくことで性格やキャラクター
を変えることは可能です。



詳しくいうと性格というのは四重構造になっており、
変えられる部分と変えられない部分とに分かれます。


この四重構造の中でも変えられないものは、
“生まれつき性格”と呼ばれる部分で、
これはその名の通り生まれついたときから
持っている性格のことです。


四重構造の核となる部分なんですね。


これはシンプルに、


「ネガティブ」か?「ポジティブ」か?


という2つに分かれます。


間違えてしまいやすいのですが、生まれつき
性格に良い悪いというのは無いということです。


その人を表す根本的な特徴というだけであって、
それ以外にはなにもありません。


その生まれつき性格の周りについてくる
性格は“育てられ性格”と言われ、幼少期に
受けた親からの言動や態度、しつけや
教育などによって形成される性格です。


そしてそのまた周りについてくるものは
“習慣性格”というもので、普段何気なく
対人関係などにおいて習慣にしている
性格です。


最後にその周りについてくるものは、
“役割性格”と言い、社会においての
立場や家族内での立場によって
おこなっている役割が反映されます。


性格で変えることができないのは最初に
お話した「生まれつき性格」のみであり、
その他3つの性格は変えることができる

んですね。


先ほどもお話しましたが、自分の内面で
起こっていることに素直に耳を傾け、
それに沿った行動をすることで変化して
いきます。



まずは、自分はいったいどのようなことが
嫌なのか?


どのようなことで大きなストレスを抱えて
いて自分を縛っているのか?


できれば紙とボールペンなどを用意して、
書き出してみると良いでしょう。


書き出してみることで頭のなかが整理され、
思ってもみなかった自分の本音に気づく
ことがありますので。


そして、自分の本当の気持ちや本音に
気がついたら、それを肯定させていく
ために行動を変えていく必要があります。


いままで当たり前だと思ったやってきた
ことにNGを出す。


勇気をもって他者にたいしてNOと
発言する。


私はこう思うと自分のこころにウソを
つかずアピールする。


このように行動を起こしていく、変えていく
努力をしていくことで、あなたにまとわりつく
パニック発作は消えていきます。


パニック障害の完治、改善を目指すため、
自分はいったい何に囚われているのか?
真正面から理解していきましょう。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆「パニック障害は病気ではない」と把握することが大切な理由
◆パニック障害の「真の改善」とはなにか?
◆孤独の不安からパニック発作に陥ることがあります
2018.01.22 10:00 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック発作の症状のひとつに、


“意識がスーッと遠のいていく感覚”


というものがあります。


自分が自分で無くなるような、
自分の意識ではないような、
なんとも言えない感覚です。


人によっては手足が軽くシビレるような
状態になることもあります。


もしかしたらあなたもそのような
症状を経験したことがあるかも
しれませんね。


この症状はよく「めまい」と共に表れる
ことが多く、なんとも言えない感覚なので、
それによって不安や怖さが膨らんでしまう
ことがあります。


実はこの症状は貧血にとても似ているところが
あり、見分けがつきずらいとも言えます。


中にはこれは貧血なのか?発作なのか?
と迷ってしまい落ち着かなくなってしまい
不安が煽られるケースもあるんですね。


貧血を簡単に説明すると、体内の血液が
一時的に薄くなってしまった状態
のことです。


それにともないヘモグロビンという赤血球の
なかにあるタンパク質が減少してしまい、
血液を通して身体全体に酸素を運搬する
能力が低下し、低酸素状態になります。


その低酸素状態によってフラっとしたり、
顔が蒼白になり立っていられないなどの
状態を生み出してしまうんですね。


パニック発作による意識が遠のく感覚も、
貧血も、それによりネガティブな思考を
生み出してしまいます。


例えばですが、


「私はいったいどうなってしまうのだろうか!?」

「なにかおかしな病気なのでは・・・」

「このまま治らずおかしくなってしまうんじゃ・・」



というように空想による考えをを膨らませて
しまい、自分自身追い込んでしまう
んですね。


ネガティブ思考に陥りやすい人はこれが原因で
苦しくツラくなってしまい、自分の行動範囲
が狭まってしまうことが多々あります。


このような状態から抜け出すための
ポイントが2つあり、それは、


・貧血か?パニック発作の症状か?
にこだわるのを止める

・その状態は必ず治まるのを理解する



ということです。


パニック障害に陥る多くの人はなにかに
こだわってしまうクセがあり、それがストレス
となってしまい、結果自分を追い込んで
しまいます。


そのようにこだわってしまうことには、
意味がありません。


「こだわり」というのは自分を追い詰め
縛りつけてしまう鎖でもあります。


まずはこだわってしまっている自分に
気づく、それにはまったく意味が無い
ことを理解することが大切です。


そして、貧血もパニック発作の症状も
そうですが、必ずそれは治まります。



一時その状態になっているだけであり、
必ずそれは落ち着いていきますので。


これは非常に重要なことなのですが、
貧血もパニック発作の症状も必ず
治まる、治めさせる力が自分にある
ことを理解すること
です。


こだわりを無くしていく、執着を手放す、
そして治せる自分を信じる。


あなたには、それが可能ですので。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆見えないストレスからパニック障害は増殖する
◆もうひとりの自分と闘う?
◆パニック障害を改善させる「目標達成法」とは?
2018.01.02 10:00 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害が発症してしまう、引き起こされて
しまう原因というのは、千差万別です。


小さなストレスの積み重ねもあれば、
幼児期や幼少期のトラウマ、両親から
受け継いだ感覚など、様々です。


そのなかでも一見見落としがちな
原因があります。


専門家もあまり指摘しないところであり、
大部分の人が知らないことかもしれない
部分なんですね。


パニック障害はあらゆる角度から原因を
調べ、そしてその原因を取り除く、解消
していくことが大切です。


ですが、ちょっと特殊な原因も中にはあり、
パニック障害の完治を難航させてしまう
要因のひとつでもあるんですね。


ではいったい、パニック障害の完治や改善を
難航させてしまう可能性のある原因とは
なにか?


それは、


「遺伝」


なんですね。


「遺伝」というのはなんらかの特性や形質が
親から子どもへ受け継がれることを言います。


たとえばですが、両親のどちらか、もしくは
片方が不安を強く感じてしまう体質であったり
心配症であると、その特性が子どもに
引き継がれてしまう、ということです。


もちろん全員が全員に引き継がれてしまう
ことはありませんが、その可能性はある程度
はあります。


もしあなたがパニック障害を起こした原因が
見つからない、ピンとこないのであれば、
そこには「遺伝」という隠された答えが
あるのかもしれません。


「ええ!?もし遺伝だったとしたら治らないのでは?」


と心配になる人もいるでしょう。


ここで言う「遺伝」というのはDNAに刻み込まれて
いるとか、脳という臓器になにか問題がある、
というわけではありません。


あくまで親が持っていた特徴や特性を
受け継いでいる
、というだけです。


ちょっと違う言いかたをしますと、親の言動や
行動などを子どもは見て育ちますので、
それを模範してしまう
んですね。


両親が何事にも常に心配をアピール
していたら心配を強く模範することに
なるでしょう。


同じく何事にも不安をアピールしていたら、
不安を強く模範してしまうかもしれません。


そして親にパニック障害があり、その状態を
常に見ていたとしたら、パニック障害そのもの
を模範してしまうこともあり得ます。



子どもは親から大きな影響を受けるもの
ですが、親だけとは限らず親戚や知人、
兄弟、見た映画やテレビからも模範して
しまうことがあるんですね。


もしあなたのパニック障害が「遺伝」的な
ことから影響を受けているのであれば、
もちろんそれを解消させていくことは可能です。


親や親戚など、自分の模範となってしまった
人に対しての感情、感じていたことなどを
解消させていくことで、パニック障害の
完治、改善がスタートしていきます。


この部分は専門家のカウンセリングを
遠し、見極めて解消させていくのが
ベストです。


パニック障害を適切に完治、改善させて
いくために、親や知人などからの影響を
受けていると感じたら、ぜひ下記まで
お問合せくださいね。

↓↓↓↓↓↓↓

「お問合せフォーム」
https://form.os7.biz/f/b6065889/




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆なぜあなたにパニック障害が発生したのか?
◆話をきちんと聴いてもらえるとパニック障害は解消します
◆ストレスから逃れる3つの選択肢とは?
2017.11.05 10:00 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(0) |