パニック障害「完治」の秘訣。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック発作が出なくなり行動範囲も増え、
パニック障害の改善がうまく進んでいると
思った矢先、急な不安に恐われパニック発作
が出てしまったとき。


それはまさに驚くべきことであり、
同時にとてもショックを覚えることでしょう。


これまで苦しいことやツラいこともあった
けど、改善がうまくすすんでいると思って
いた矢先ですので、落ち込んでしまう
ことも無理はありません。


それがもとで自暴自棄になってしまい、


「やっぱりパニック障害は治らない!!」


とこれまでの経験を捨て、完治や改善を
諦めてしまう原因になるかもしれません。


いずれにせよ、相当なショックを経験して
しまうことはたしかでしょう。


ですが、ここでひとつ冷静になり改めて
考えることが必要です。


どのようなことを考える必要があるのか?
それは、


“パニック障害は振り子のように行ったり来たり
しながら改善する”



という法則です。


振り子というのは、良いほうへ揺れて
いくけれども悪いほうへも揺れていきます。


そして最終的には揺れ幅が少なくなり、
完治にいたるという考えですね。


少し言いかたを変えると比較的ゆるやかに
完治、改善に向かっていくものです。


パニック障害がゆるやかに改善していく
ことについては、下記の記事も一緒に
ご覧ください↓↓↓↓

パニック障害はゆるやかに完治していきます。


振り子のような揺れ幅については個人差が
あるので一概には言えませんが、ほとんど
は良くなったり悪くなったりをくり返して
完治や改善に向かっていくのが自然な
ことです。


ここで焦ってしまい、やっぱり治らないと
感じる必要はなく、いわば想定の範囲内
であると言える
んですね。


この振り子のような揺れ幅を少なく
していく、スピードを上げていくには
ちょっとしたコツがあります。


そのコツは、


“これまで改善してきた自分の力を信じ、
いかなることも気にしないようにする”



というマインドです。


改善がうまくすすみ治っていっていると
強く感じていた矢先、パニック発作が
起きたら非常にショックを受けるのは
当然です。


ですが、それはそれでしっかりと向き合い、
なおかつ必要以上にそこに捕らわれない
努力も必要
なんですね。


あなたがこれまでやってきたこと、
すすんできたことは間違いではなく、
適切な方法だからこそここまで
来れました。


その自分を改めて信じ直し、たとえ一時
パニック発作が表れたとしても気にしすぎ
ない、捕らわれすぎない姿勢が大切です。


逆に、


「この嫌な感覚や発作は振り子であり、
新たに改善にすすんでいる証拠だ」



という考えに切り替えていくことが
非常に重要です。


これはある意味、パニック障害の完治や
改善を目指すとき誰でもが通る道と
言えますので。


これに振り回されすぎない、自分を見失わない
踏みとどまることが必要になってきます。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆パニック障害はどのくらいの期間で完治するのか?
◆こころが弱いからパニック障害になるのですか?
◆カウンセリングをためらっているあなたへ
2018.01.16 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


「対人恐怖症」というこころの病があります。


これはパニック障害と併発をしやすく、
他人とのコミュニケーションに支障を
きたしてしまうもの
です。


パニック障害に陥ると行動範囲が狭まる
ことは多々あり、それによって外の世界が
怖くなってしまい対人恐怖症を併発して
しまう、ということがあるんですね。


もちろんパニック障害の人が全員
対人恐怖症に陥るわけではありません
ので。


この対人恐怖症という病にも色々と
種類があります。


例えばですが、自分は他人にどう
見られているのか?とても気にしてしまう。


もしくは自分が他人に何か迷惑を
かけているのではないか?と不安を
感じたりなど。


ピンとこない方は、


「なんでそんなことを気にするの!?」


とクエスチョンが頭に浮かぶと思います。


ですが、世界のなかでも日本という国は
対人恐怖症の発症率がとても高く、
ほぼ日本だけに起きる病とまで言われています。


さて、この対人恐怖症というのは苦しい
もので、他人の動向をとても気にして
しまうのでなかなかリラックスして
穏やかに過ごすことが難しい病です。


他人の顔色、視線などを気にしすぎてしまい、
それによって楽しめず鬱々と過ごすことが
多いものです。


そのようなパニック障害と併発をしやすい
対人恐怖症ですが、実は適切な治しかた
というのが存在しています。


その治しかたには2つのポイントがあり、
それを意識しておくことで対人恐怖症
から抜け出しやすくなる、というものです。


では、その2つのポイントとはどのような
ものなのか?気になるところだと思います。


それは、


・自分のことを好きになる、愛すること

・例え他人に嫌われても生きていけると知ること



となっています。


この2つのポイントはとても大切な要素
ですので、詳しく説明をしていきますね。


・自分のことを好きになる、愛すること


自分のことを好きになる、愛することって、
とても大切なことです。


これは対人恐怖症の方だけでなく、
いろんな人に言えることでもあります。


自分を好きになれない、愛せないという人は
思いのほか多く、それによって自分の身体に
負荷をかけすぎたり優しくできず病気に
なってしまう、ということがある
んですね。


幼少期の体験や経験から自分を好きに
慣れないこともあります。


また、イジメや虐待にあったことによって
自分を好きなれない、愛せないという
こともあります。


ですが、この世界ではあなたという人間は
たった1人だけの尊い存在です。


誰もあなたの代わりになることはできませんし、
あなたというキャラクターはこの世界でたった
1つしかありませn。


あなたの尊さを知ること。そして誰も
代わりにならないことを理解すること。


そういったことをより良くわかっていくことで、
対人恐怖症はあなたから離れていきます。


・例え他人に嫌われても生きていけると知ること


人間社会はコミュニケーション社会でも
ありますので、他人との触れ合いなどに
よって構築されています。


そしてその結果、どうしても合わない人が
いる、苦手な人がいる、近づきたくない
人がいる、というのは当然あることですよね。


全員が全員とも仲良くなるのは無理が
ありますし、現実的ではありません。


そして、あなたがもし誰かと合わなかったり
苦手と感じていてもOKなのですが、他人も
あなたと合わなかったり苦手と感じることも
あります。


場合によっては嫌われていたり近づきたく
ないと思われることもあるでしょう。


ですが、たとえ誰かに嫌われていても
生きていけますし、苦手と思われても
問題なく生きていくことはできます。


他人との関係がどうであれ、あなたは
それでも問題なく生きていくことができる
んですね。



あなたがあなたをしっかりと愛し大切
にすることで強さが生まれ、周りの動向
などに振り回されなくなります。


また、必ずあなたという人間を大切に
思い、親しくしてくれる人はいます。


誰からも嫌われないように生きるのでは
なく、自分のテリトリーのなかで親しい
人と過ごしていくのが良いでしょう。


自分のことを好きになる、愛すること。
そして他人にたとえ嫌われても何ら
問題なく生きていけると知ること。


この2つの考えがしっかりと腑に落ち
行動できたとき、対人恐怖症から
脱却することが可能でしょう。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆パニック障害が起きた3つの原因とその理由
◆パニック発作を起こさない最善の考えかたとは?
◆原因を探ることが完治への近道になります
2018.01.12 10:00 | パニック障害に関わる他の病理 | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


仕事のストレスによってパニック障害が悪化してしまうことがあります。


基本どのような仕事もストレス負荷がかかるもの
なので、適切なストレスの解消法を持っておくことは
非常に大切です。


あなたが少しいまの仕事を考えたとき、ストレス負荷
の割合はどのくらいあるでしょうか?


もしストレス負荷がとても高いものであれば、
しっかりとストレスを減らす努力が必要になります。


パニック障害に陥る人は基本的に真面目であり、
なにごともしっかりこなそうという気持ちがあります。


手を抜けず集中してガンバってしまう傾向が
ありますので、逆にそれが大きなストレスに
なってしまい苦しくなってしまうんですね。


真面目でなにごともしっかりこなそうと思い
行動することはとても素晴らしいことであり、
それ自体は評価されるべきことです。


ですが、自分のこころや身体をツラくさせて
までもおこなうことは、本末転倒であると
言えます。


今回は仕事で抱えてしまうストレスなど、
適切な対処の方法や考え方について
お話していきましょう。



仕事ストレスの原因とはいったいなにか?



仕事ストレスとなる原因や要因はいろいろと
あります。


そのなかでもパニック障害の人が陥りやすい
原因や要因というものがあります。



それは例えば、


・会議などで部屋に閉じ込められるストレス

・ミスをして迷惑をかけてはいけないというストレス

・断れない人間関係のストレス

・仕事を抱え込みすぎてしまうストレス

・上司や同僚からによるイジメなどのストレス

・職場で発作が起きたらと感じるストレス



上記がすべてではありませんが、このような
ものがあります。


どのようなストレスもそうですが、身体に良い
ものではありませんので自分にはいったい
どのようなストレスがあるのか?早めに把握
して手を打つ必要があります。



仕事におけるストレスの対処法と考えかた



仕事におけるストレスを解消させる、軽減させて
いくためには、それにともなう対処法と考えかた
が必要になります。


ストレスというのはただ黙って待っていても
消えて無くなることはありません。



自分自ら率先して動き、対処や考えかたを
構築する必要があります。


ストレスを軽減させる対処にはいろいろな
種類があり、自分にあっているもの、
適しているものを選びおこなっていくのが
良いでしょう。


簡単にできるストレス対処には下記のような
ものがあります。


・カラオケで好きな歌を大きな声で歌う

・友達や知り合いに愚痴を聞いてもらう

・美味しいものを食べる

・スポーツなど身体を動かす

・悲しい映画やドラマ、小説などを見てたくさん泣く

・趣味や好きなことに没頭する時間を持つ

・紙や新聞紙、薄手の雑誌などを思い切り破く



上記はストレスを発散する、解消させたり軽減
させるのにとても効果の高い方法です。


この中から選んでも良いですし、もしくは
あなたが持っているストレス解消手段が
あればそれでも良いでしょう。


気持ちがスッキリする、楽になる方法であれば、
どのような解消法でもかまいませんので。


また、対処法ももちろん大切ではありますが、
ストレスを溜めない、ストレスにつなげない
考えかたも重要です。


ストレスにつなげない考えかたというのは
例えばですが、


・完璧や完全でなくても良いという考えかた

・人間なのだからミスは当然あるという考えかた

・発作が起きるとは限らないという考えかた

・仕事を抱え込むのを止めるという考えかた

・閉所でも閉じ込められている訳ではないという考えかた



など、発想を変える、見方を変えることが大切です。


発想を変えたり見方を変えるのは慣れが必要
ですが、カウンセリングを受けて自分の考えかた
のクセなどをひも解いていくと、スムーズに
変えられることは多いものです。


仕事によってパニック障害を悪化させないため、
ぜひ対処と考えかたを身に着けていきましょう。





↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆パニック障害の「真の改善」とはなにか?
◆あなたの人生を豊かに幸せにする2つの方法。
◆パニック障害を改善させる必殺技を知りたいですか?
2018.01.09 08:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック発作の症状のひとつに、


“意識がスーッと遠のいていく感覚”


というものがあります。


自分が自分で無くなるような、
自分の意識ではないような、
なんとも言えない感覚です。


人によっては手足が軽くシビレるような
状態になることもあります。


もしかしたらあなたもそのような
症状を経験したことがあるかも
しれませんね。


この症状はよく「めまい」と共に表れる
ことが多く、なんとも言えない感覚なので、
それによって不安や怖さが膨らんでしまう
ことがあります。


実はこの症状は貧血にとても似ているところが
あり、見分けがつきずらいとも言えます。


中にはこれは貧血なのか?発作なのか?
と迷ってしまい落ち着かなくなってしまい
不安が煽られるケースもあるんですね。


貧血を簡単に説明すると、体内の血液が
一時的に薄くなってしまった状態
のことです。


それにともないヘモグロビンという赤血球の
なかにあるタンパク質が減少してしまい、
血液を通して身体全体に酸素を運搬する
能力が低下し、低酸素状態になります。


その低酸素状態によってフラっとしたり、
顔が蒼白になり立っていられないなどの
状態を生み出してしまうんですね。


パニック発作による意識が遠のく感覚も、
貧血も、それによりネガティブな思考を
生み出してしまいます。


例えばですが、


「私はいったいどうなってしまうのだろうか!?」

「なにかおかしな病気なのでは・・・」

「このまま治らずおかしくなってしまうんじゃ・・」



というように空想による考えをを膨らませて
しまい、自分自身追い込んでしまう
んですね。


ネガティブ思考に陥りやすい人はこれが原因で
苦しくツラくなってしまい、自分の行動範囲
が狭まってしまうことが多々あります。


このような状態から抜け出すための
ポイントが2つあり、それは、


・貧血か?パニック発作の症状か?
にこだわるのを止める

・その状態は必ず治まるのを理解する



ということです。


パニック障害に陥る多くの人はなにかに
こだわってしまうクセがあり、それがストレス
となってしまい、結果自分を追い込んで
しまいます。


そのようにこだわってしまうことには、
意味がありません。


「こだわり」というのは自分を追い詰め
縛りつけてしまう鎖でもあります。


まずはこだわってしまっている自分に
気づく、それにはまったく意味が無い
ことを理解することが大切です。


そして、貧血もパニック発作の症状も
そうですが、必ずそれは治まります。



一時その状態になっているだけであり、
必ずそれは落ち着いていきますので。


これは非常に重要なことなのですが、
貧血もパニック発作の症状も必ず
治まる、治めさせる力が自分にある
ことを理解すること
です。


こだわりを無くしていく、執着を手放す、
そして治せる自分を信じる。


あなたには、それが可能ですので。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆見えないストレスからパニック障害は増殖する
◆もうひとりの自分と闘う?
◆パニック障害を改善させる「目標達成法」とは?
2018.01.02 10:00 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(0) |
064d541db4e139d7b813720970f1a6b0_s.jpg



パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


2018年。明けましておめでとうございます。


皆さま、昨年中は大変お世話になりました。


いつもこのブログを読んでいただいているあなた。


最近このブログを知り読み始めたあなた。


本当にありがとうございます。感謝です。


昨年は記事の更新が減っておりましたが、
今年からは新たな気持ちで更新頻度を
あげていきますので。


また、新しく立ち上げたブログ、


「パニック障害 徹底改善への教科書」

http://healpanic.net/textbook/


こちらのほうもどうぞご愛読いただけ
ますよう、よろしくお願いいたします。


では、本年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

2018.01.01 10:00 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |