パニック障害の完治に向けて

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害を撃退させていく、あなたから
取り外していくために必要な考えかたが
あります。


それはもしかしたらこれまであなたが
考えてきた事とはまったく違う事かも
しれません。


しかし、パニック障害を完治、改善した
多くの人はこの考えかたを自分に
取り入れ、そしてそれを実行して
いきました。


違う言いかたをすると、パニック障害を
完治、改善させていくためには必須の
考えかた
とも言えるものなんですね。


この考えかたはこれからのあなた自身を
変えていくために必要なものであり、
非常に重要なものでもありますので。


ではいったい、重要でありパニック障害
の完治、改善に必要な考えかたとは
なんでしょうか?


その考えかたとは、


“今までの自分を捨て新しい自分になる”


というものなんですね。


これはどういうことか?と言うと、
パニック障害に陥ると多くの人は
何でも自由に出来ていた昔に
戻りたいと思うものです。


あなたもパニック障害に陥って
しまったとき、そのような考えが
頭をよぎったことはありませんか?


不自由なくどこにでも行けて、なにも
気にすることなく自然に過ごしていた
あの頃に戻りたいと、思うのは正常な
気持ちです。


ですが、ちょっと見方を変えると、昔に
戻るというのはほぼ無意識でこころや
身体にストレスをかけ続けてきた自分に
戻るということ
です。


自分には負担になっていなかったつもりが、
知らぬ間にあなたにストレスという形で
浸食し、パニック発作というアラームを
鳴らすまでになった頃に帰るという事です。


それは本末転倒なことであり、そのような
状態に戻りたくはありませんよね。


そのような状態に戻ってしまう事を防ぐ、
ほぼ無意識でストレスを積もらせて
しまう事がないように、新たな自分に
生まれ変わる必要があるんですね。


では実際、どのように自分を変化
させれば良いのか?生まれ変わる
ために必要なことはなにか?


気になるところですよね。


新しい自分になる、生まれ変わっていく
ために必要なことは、


これまで守ってきた自分のルールを変える


ことなんですね。


例えばですが、パニック障害に陥って
しまう人は、


・自分よりも他者を優先してしまう

・頼まれたら嫌と言えない

・力を抜けずガンバリすぎてしまう

・相手の顔色をうかがいすぎる

・本音が言えず溜め込んでしまう

・物事を白か黒かで考える



など、上記のような性格傾向、特徴が
見受けられることが多いものです。


これらの性格傾向であったり特徴を
真逆に変えていく、変化させていく
ことが重要なんですね。


いきなりこれらを変えていくのは
難しいと感じるかもしれません。


一気に変えるのではなく徐々に、
少しづつ変化を起こしていくので
十分です。


例えばですが、


・頼まれたら嫌と言えない

⇒「ちょっと自分は手一杯なので」
などやんわり相手に伝える

・力を抜けずガンバリすぎてしまう

⇒100点を目指さず、60点を許容する
ことを自分に課していく

・相手の顔色をうかがいすぎる

⇒相手のために生きているのでは
ないことを自覚し、この世界の主人公
はあくまで自分だとしっかり認識する



というような方法をとるのが良いでしょう。


とても重要で大切なことは、他者が自分の
世界の主人公ではなく、あくまで自分自身
が主人公であると腑に落とすこと
です。


自分のなかのルールを少しずつ変えていく、
そして自分の世界の主人公は自分であると
腑に落としていくことで、パニック障害を
あなたから取り外すことができるでしょう。





↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆ある感情をもってパニック障害に対抗する方法
◆パニック障害の「真の改善」とはなにか?
◆パニック障害の改善をガンバルと改善しない!?
2018.02.01 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック発作が出なくなり行動範囲も増え、
パニック障害の改善がうまく進んでいると
思った矢先、急な不安に恐われパニック発作
が出てしまったとき。


それはまさに驚くべきことであり、
同時にとてもショックを覚えることでしょう。


これまで苦しいことやツラいこともあった
けど、改善がうまくすすんでいると思って
いた矢先ですので、落ち込んでしまう
ことも無理はありません。


それがもとで自暴自棄になってしまい、


「やっぱりパニック障害は治らない!!」


とこれまでの経験を捨て、完治や改善を
諦めてしまう原因になるかもしれません。


いずれにせよ、相当なショックを経験して
しまうことはたしかでしょう。


ですが、ここでひとつ冷静になり改めて
考えることが必要です。


どのようなことを考える必要があるのか?
それは、


“パニック障害は振り子のように行ったり来たり
しながら改善する”



という法則です。


振り子というのは、良いほうへ揺れて
いくけれども悪いほうへも揺れていきます。


そして最終的には揺れ幅が少なくなり、
完治にいたるという考えですね。


少し言いかたを変えると比較的ゆるやかに
完治、改善に向かっていくものです。


パニック障害がゆるやかに改善していく
ことについては、下記の記事も一緒に
ご覧ください↓↓↓↓

パニック障害はゆるやかに完治していきます。


振り子のような揺れ幅については個人差が
あるので一概には言えませんが、ほとんど
は良くなったり悪くなったりをくり返して
完治や改善に向かっていくのが自然な
ことです。


ここで焦ってしまい、やっぱり治らないと
感じる必要はなく、いわば想定の範囲内
であると言える
んですね。


この振り子のような揺れ幅を少なく
していく、スピードを上げていくには
ちょっとしたコツがあります。


そのコツは、


“これまで改善してきた自分の力を信じ、
いかなることも気にしないようにする”



というマインドです。


改善がうまくすすみ治っていっていると
強く感じていた矢先、パニック発作が
起きたら非常にショックを受けるのは
当然です。


ですが、それはそれでしっかりと向き合い、
なおかつ必要以上にそこに捕らわれない
努力も必要
なんですね。


あなたがこれまでやってきたこと、
すすんできたことは間違いではなく、
適切な方法だからこそここまで
来れました。


その自分を改めて信じ直し、たとえ一時
パニック発作が表れたとしても気にしすぎ
ない、捕らわれすぎない姿勢が大切です。


逆に、


「この嫌な感覚や発作は振り子であり、
新たに改善にすすんでいる証拠だ」



という考えに切り替えていくことが
非常に重要です。


これはある意味、パニック障害の完治や
改善を目指すとき誰でもが通る道と
言えますので。


これに振り回されすぎない、自分を見失わない
踏みとどまることが必要になってきます。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆パニック障害はどのくらいの期間で完治するのか?
◆こころが弱いからパニック障害になるのですか?
◆カウンセリングをためらっているあなたへ
2018.01.16 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


仕事のストレスによってパニック障害が悪化してしまうことがあります。


基本どのような仕事もストレス負荷がかかるもの
なので、適切なストレスの解消法を持っておくことは
非常に大切です。


あなたが少しいまの仕事を考えたとき、ストレス負荷
の割合はどのくらいあるでしょうか?


もしストレス負荷がとても高いものであれば、
しっかりとストレスを減らす努力が必要になります。


パニック障害に陥る人は基本的に真面目であり、
なにごともしっかりこなそうという気持ちがあります。


手を抜けず集中してガンバってしまう傾向が
ありますので、逆にそれが大きなストレスに
なってしまい苦しくなってしまうんですね。


真面目でなにごともしっかりこなそうと思い
行動することはとても素晴らしいことであり、
それ自体は評価されるべきことです。


ですが、自分のこころや身体をツラくさせて
までもおこなうことは、本末転倒であると
言えます。


今回は仕事で抱えてしまうストレスなど、
適切な対処の方法や考え方について
お話していきましょう。



仕事ストレスの原因とはいったいなにか?



仕事ストレスとなる原因や要因はいろいろと
あります。


そのなかでもパニック障害の人が陥りやすい
原因や要因というものがあります。



それは例えば、


・会議などで部屋に閉じ込められるストレス

・ミスをして迷惑をかけてはいけないというストレス

・断れない人間関係のストレス

・仕事を抱え込みすぎてしまうストレス

・上司や同僚からによるイジメなどのストレス

・職場で発作が起きたらと感じるストレス



上記がすべてではありませんが、このような
ものがあります。


どのようなストレスもそうですが、身体に良い
ものではありませんので自分にはいったい
どのようなストレスがあるのか?早めに把握
して手を打つ必要があります。



仕事におけるストレスの対処法と考えかた



仕事におけるストレスを解消させる、軽減させて
いくためには、それにともなう対処法と考えかた
が必要になります。


ストレスというのはただ黙って待っていても
消えて無くなることはありません。



自分自ら率先して動き、対処や考えかたを
構築する必要があります。


ストレスを軽減させる対処にはいろいろな
種類があり、自分にあっているもの、
適しているものを選びおこなっていくのが
良いでしょう。


簡単にできるストレス対処には下記のような
ものがあります。


・カラオケで好きな歌を大きな声で歌う

・友達や知り合いに愚痴を聞いてもらう

・美味しいものを食べる

・スポーツなど身体を動かす

・悲しい映画やドラマ、小説などを見てたくさん泣く

・趣味や好きなことに没頭する時間を持つ

・紙や新聞紙、薄手の雑誌などを思い切り破く



上記はストレスを発散する、解消させたり軽減
させるのにとても効果の高い方法です。


この中から選んでも良いですし、もしくは
あなたが持っているストレス解消手段が
あればそれでも良いでしょう。


気持ちがスッキリする、楽になる方法であれば、
どのような解消法でもかまいませんので。


また、対処法ももちろん大切ではありますが、
ストレスを溜めない、ストレスにつなげない
考えかたも重要です。


ストレスにつなげない考えかたというのは
例えばですが、


・完璧や完全でなくても良いという考えかた

・人間なのだからミスは当然あるという考えかた

・発作が起きるとは限らないという考えかた

・仕事を抱え込むのを止めるという考えかた

・閉所でも閉じ込められている訳ではないという考えかた



など、発想を変える、見方を変えることが大切です。


発想を変えたり見方を変えるのは慣れが必要
ですが、カウンセリングを受けて自分の考えかた
のクセなどをひも解いていくと、スムーズに
変えられることは多いものです。


仕事によってパニック障害を悪化させないため、
ぜひ対処と考えかたを身に着けていきましょう。





↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆パニック障害の「真の改善」とはなにか?
◆あなたの人生を豊かに幸せにする2つの方法。
◆パニック障害を改善させる必殺技を知りたいですか?
2018.01.09 08:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


「予期不安」というのはパニック障害に
おいて、ほぼ常に隣り合わせにある
ものです。


パニック障害は最終的に予期不安
との闘いになることが多く、いかに
それを考えない、湧きあがらせない
かが重要になっていきます。


そうはいっても予期不安からなかなか
抜けさせず、日々嫌で苦しい思いを
している人も多いでしょう。


実はその予期不安という感情、
自分自身で生み出して作り上げて
いると知っていましたか?



勝手に湧き上がってくるのでなく、
自分の中にあるきっかけによって
自分で作りだし大きくしています。



ここでいう自分の中にあるきっかけというのは、


・発作が起きたトラウマ

・不安に対するこだわり

・過度に心配し過ぎてしまう

・自分の力を信じ切れていない



というものです。


このきっかけを元に予期不安を
湧き上がらせ、膨らませ、縛られる
ようになります。


これは自分のなかのルールになって
いる可能性があります。


このルールをひとつずつひも解き、
解消させていくことが今後予期不安
を湧きあがらせないポイントになります。


では、上記にあげたきっかけを元に、
解消させていくコツなどについて
お話をしていきましょう。



■発作が起きたトラウマ


誰でもパニック発作が起きたとき、
それはひとつのトラウマになります。


1~2回だけの発作であればトラウマ
にならない人もいますが、その多くは
くり返し起こるものですので、気づいたら
トラウマになっています。


このトラウマから脱出していくには、
パニック障害専門のカウンセリングを
受ける
こと、そこに伴う感情をしっかり
消化させていく必要があります。


感情の消化は不安や怖さなどの
感情を受け入れてしまう、認めて
しまうことで促されていきますので。


感情消化の参考記事↓↓↓↓

あなたは感情を解放できていますか?



■不安に対するこだわり


「不安」という感情に対してこだわって
しまう、考えすぎてしまうことが
あります。

不安というのはある意味自然な感情
であり、本来は自分自身を守ってくれる
感情です。


不安が敵だと思うとツラく苦しくなって
しまいますので、まずは不安は敵では
なく守ってくれる存在だと認識することが
大切
です。


そしてそれに伴い、不安に集中してしまう、
不安を考えすぎてしまうことを止めていく
努力も必要になります。



■過度に心配し過ぎてしまう


過度に心配し過ぎてしまうこともまた、
予期不安のきっかけとなり膨らませて
しまうことにつながります。


心配を感じることは人間であれば当然です。
しかし、それが過度になってしまうと
ツラく苦しいだけになってしまいます。


心配し過ぎを感じたら、まったく違う
ことに気持ちを集中させたり身体を
動かすことに集中し、心配に留まらない
ようにしましょう。


■自分の力を信じ切れていない


自分の力を信じ切れず、予期不安を
湧き上がらせてしまうことがあります。


これまで自分がやってきたこと、
それに伴う経験値などを無視して
しまい、自信を持つことを苦手と
感じてしまうことですね。


どのようなことでも良いので、
小さな成功体験を積んでいくことが
自分の中の自信を作り上げていきます。


苦手な場所に行ったり、出来ないと
感じていることを率先してやってみる
ことで、成功体験は積まれていきます。


ほんの些細なことでも大丈夫ですので、
まずはトライすることを始めましょう。


上記にあげたきっかけをカウンセリングを
受ける、感情を消化させたり行動を起こす
ことで解消させていくことが大切です。


そして予期不安を生み出さない、湧き上がらせ
ない力を身につけていきましょう。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆予期不安から楽に抜け出す方法とは?
◆あなたがパニック障害に陥っている決定的な原因とは?
◆パニック発作の引き金になるもの
2017.12.30 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害と不安はとても密接な関係に
あります。


不安を強く感じ怖さに包まれてしまい、
あらゆる一歩を踏み出すことができない
こともあるでしょう。


それは例えば、距離を伸ばすための
外出であったり、苦手なことを克服
していくためであったりと、様々です。


そのように色々なところに弊害をもたらす


「不安」


という感情ですが、それを身体面から
解消させる方法があります。


「不安」自体は人間が持っている本能的な
感情ですので無くすことはできませんが、
それを適切な範囲まで取り去っていく
ことは可能
です。


それには一体なにをどうすれば良いのか?


それは、


“身体を鍛え筋肉量を増やす”


ことなんですね。


身体を鍛えると言いましたが、無理して
負荷の高いトレーニングをす必要は
ありません。


自分のできる範囲、負荷を高めない
くらいのトレーニングで十分です。


例えばですが、


・スクワットを5回~10回の範囲でおこなう

・腹筋を5回、背筋を5回ほどおこなう

・腕立て伏せを5回ほどおこなう

・かかと上げを10回ほどおこなう



というような、ほとんど負荷がかからない
範囲でも十分効果はありますので。


これを1日おきにおこなうことで、数か月
後には筋肉量が増えています。


しかしなぜ?トレーニングをして筋肉量を
増やすと不安がコントロールできるのか?


それには理由が3つあります。


一つ目の理由は、筋肉をつけることで、
その力強さが自信につながっていく
から
というものなんですね。


筋肉を適切につけているあらゆる
スポーツマンや格闘家などは、
自分に対し自信をもっていますよね。


トレーニングを駆使して身体を作ってきた
ので、その経験値が自信へとつながって
いるんですね。



パニック障害に陥り自信を無くしている
人はとても多いものです。


自信を持てれば持てるほど強さにつながり
ますし、自分への信頼感も高まります。


二つ目の理由は、身体を鍛えることで
湧き上がる高揚感というものです。


高揚感は幸せを感じることと同義ですので、
身体が強くなり筋肉がつく嬉しさで不安が
消え去っていきます。


幸せを多く感じることができる人は、
例え不安を感じても、それに飲み込まれる
ことは一切ありません。



幸福感を分泌するホルモンは不安感を
拭い去る力がありますので。


最後、三つ目の理由ですが、筋肉を
つけることで自分に余裕がでてくる
というものです。


パニック障害は基本すべてに対して
余裕が失われます。


余裕のないがゆえ、いろんなことで
焦ってしまったり自分を責めてしまう
ことに意識が向いてしまいます。


ですが、身体を鍛えてある程度筋肉を
つけることでこころに余裕が生まれ、
必要以上に焦ったり自分を責めて
しまうことから抜け出すことができます。



筋肉量というのは、ある意味強さの
表れです。


強さの表れというのはあらゆる物事に
対して余裕のある状態です。


その強さの表れである余裕を持つため、
筋肉量を増やすことは大切なんですね。


あなたが感じる不安をキレイに取り去って
いくため、負荷の高くないトレーニングを
始めてみませんか?




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆まとわりつく緊張感を一発で解消させるエクササイズとは?
◆内面で起こる5つのメッセージでパニック障害は強化される
◆パニック障害を克服した芸能人と一般人3つの違い
2017.12.25 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |