パニック障害の完治が100%になる考え方とは?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


人は考えかたや見かたを少しだけずらすことで、
劇的に変化を望めることがあります。


例えば、思考のクセを修正していくと、
今まで三角にしか見えなかったものが、
実は丸かった、なんてこともあります。


思考のクセと言うのは私三木の造語ですが、
これがなかなか厄介なもので、あらゆる
場面で現実を湾曲したりするんですね。


実は、パニック障害も考えかたや見かたを
少し変えてみるだけで、楽になったり、
完治に向けて加速することがあります。


その考えかた、見かたですが、


それは、


パニック発作が起きたとき、自分自身を
客観的に観察する



という方法です。


例えばですが、パニック発作が襲ってきたとき、


「今私はパニック発作に襲われていて、
  心臓がドキドキし冷や汗をかいている」


という感じに客観的に状態を把握して
みることです。


これは、客観的に自分に起きていることを
観察することでパニック発作に意識を
集中させず、思考を冷静に保つ働きがあります。



そして冷静な思考になったら、身体の状態を
観察してみます。


私は気を失っていない、心臓は破裂していない、
意識は無くなっていない、気は狂っていない、
など。


このような客観的な見かたから冷静な観察が
できれば、パニック発作を自分でコントロールし、
自分で抑えたようなものです。


これは何も難しいことではありません。


客観的に観察するクセをつければ、
いつパニック発作が襲ってきても
怖いものはありませんね。


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆過呼吸から早急に抜け出す方法とは?
◆予期不安から楽に抜け出す方法とは?
◆たった一杯の水で正気を保つ方法とは?
2013.05.16 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の完治に向けてパニック障害の完治が100%になる考え方とは?












管理者にだけ表示