ガンバルのを止めるとガンバレる?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


あなたは「ガンバル(頑張る)」ことは
得意ですか?それとも苦手ですか?


人は“ガンバって”何かをしようとすると、
長続きはしないものです。


それは、パニック障害改善のための呼吸法で
あったり、カウンセリングを受けることで
あったり、日記(ブログ)であったりダイエット
であったり、と色々です。


始めた最初は気分も高まっているので
続きますが、それも最初のうちだけで、
結局止めてしまった・・・という経験は
ありませんか?


中には「ガンバル!」とモチベーションを
継続し、やり遂げる人もいます。


それはそれで素晴らしいことですが、
誰もがその状態を継続するのは難しい
ものです。


これはとても不思議なことなんですが、


“ガンバらなくても良い”


と決めると、意外にガンバレてしまう
ことがあるんですね。


ガンバルという裏に隠れているのは、
「無理をする」というキーワードです。


無理は長くは続きません。


「無理に」ということは、
「やりたくない」ということが含まれています。


「やりたくない」ことを「無理に」やろうと
するのですから、最初は良くても長くは
続きません。


「私はガンバラなくても良いんだ」


というこころの拠り所があると、
それだけで気分が楽になるものです。


「そうは言うけど三木さん、そんなこと考えたら
          何もしないようになりますよ?」


ええ、そうですね、おっしゃることも一つあります。


大切なポイントは、ガンバラない事とやらない事を
一緒にしてはいけないということです。



ガンバラない=何もしない、やらない


ではないんですね。


「ガンバラなくて良い」というのは、
「無理をしない」ということです。


「ガンバラなくて良い」という拠り所が
あるからこそ、安心感を感じることができ
前に進めるんですね。


これは、何かやりたくないことを
やらなければいけない時にこそ、
効果を発揮する方法です。


もしやりたくないことがあったら、
ぜひ実践してみてくださいね。


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆日頃の運動がパニックを撃退していく
◆「パニック障害を克服する!」絶対的な自信を持つ方法とは?
◆鏡に向かって自信をつける!?その方法とは?
◆完治に向けて爆発的な加速力を生むイメージの力とは?
2013.05.09 22:00 | こころのコラム | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページこころのコラムガンバルのを止めるとガンバレる?












管理者にだけ表示