パニック発作の薬が身体に及ぼす悪影響とは?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


薬の服用に対して、躊躇されることも
あるかと思います。


薬には副作用がつきものですので、
副作用を受けたくない、または
依存的になりたくないなど、
理由は様々ありますよね。


ですが、パニック発作、パニック障害初期の
薬の服用は大変効果的です。


まずはパニック発作を薬の力で
抑え込むことが何より大切に
なるからなんですね。


薬を服用しだしてから早ければ2週間、
遅くても2か月くらいで効果が
現れてきます。


そして、効果が現れてきたら、今度は
徐々にカウンセリングなどを用いて
完治・克服を目指していきます。


薬はあくまで対処療法ですので、薬だけで
パニック発作、パニック障害の完治は
できません。



薬の効果が現れ出してから徐々に薬の服用を
減らしていき、そしてカウンセリングに
シフトしていくのが良い方法なんですね。


もちろんパニック発作の初期から
カウンセリングを受けるのも
大変効果があります。


一つ注意点としてですが、薬の服用に際して
身体に悪影響を及ぼすことがあります。


それは、


薬の服用を自分の判断で中断してしまう


ことなんですね。


薬の服用については、医師の判断を仰ぐ
必要があります。


「発作が無くなってきたから薬を止めてしまおう」


と自分の判断で止めてしまうと、その結果
恐怖感や不安感が増幅してしまうことが
ある
んですね。


また、順調に回復をしていたのが再発を
招いてしまう恐れもあります。


最終的には薬は不要にしていくのですが、
減薬・中断の判断については、医師の
判断を仰ぐようにしましょう。


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆薬物療法でパニック発作はどのくらい再発するか?
◆医者はパニック障害を完治できない
◆カウンセリングはパニック発作に効果があります

2013.05.09 10:00 | パニック障害の薬の知識 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の薬の知識パニック発作の薬が身体に及ぼす悪影響とは?












管理者にだけ表示