「依存」はパニック障害完治を遠ざける。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


「依存」という言葉を聞いたことがあるかと思います。


「依存」というのはなにかに頼ることであり、
強くそれを頼りにしているという状態です。


この「依存」という状態自体は何らおかしい
ことではなく、ある意味自然なことでもあります。


人間社会は持ちつ持たれつであり、
ある程度他者を頼る、自分が頼られる
ことで回っているともいえるからなんですね。


さて、そのような「依存」という状態ですが、
これがかなり強くなってしまうと、実は、


“パニック障害の完治、改善を遠のかせてしまう”


という事態に陥ってしまう可能性があります。


先ほどお話したように、「依存」そのものはおかしい
ものではなく、自然な状態と言えます。


もちろん、身体的な障害などをお持ちの方などは
まったく別です。


しかし、依存的な気持ちが強く、他者に
頼り切りでないと生活できないという
ような状態であると、パニック障害の完治や
改善は極めて難しいと言えるでしょう。



どのような状態が強い依存と言えるのか?



ここで気になるのは、どの程度の依存だと
パニック障害の完治、改善が難しくなるのか?
というところですよね。


ここからは強い依存といえる状態について
お話をしていきましょう。


依存的な例をあげていきますと、


・親や兄弟、家族などが常に近くにいないと
ならない状態

・自分で考えずに考えや判断を他者に任せている

・自分自身で決断できず、誰かに決めてもらう



というのが強い依存であると言えるでしょう。


では、実際に強い依存であるとどのような
弊害があるのか?についてお話をしていきます。



強い依存が生み出す弊害



・親や兄弟、家族などが常に近くにいないと
ならない状態



パニック障害は外出ができなくなってしまったり、
不安や怖さなどが常に身近にあり、自分は無力
だと感じやすいものです。


そのような状態が長く続くと、自分ひとりでは不安や
怖さに耐えられず、親や家族、兄弟などが常に
近くにいないと安心できないという状態に陥る
ことがあるんですね。


そうなると、親や家族、兄弟などの行動が制限
されてしまいますし、なにより自分の無力さを
助長させてしまうことが多々あります。


少しづつで良いので、できるだけひとりの時間を
持つ。ひとりの時間に耐えていくことで経験が
積まれ、ひとりの耐性がついていきますので。



・自分で考えずに考えや判断を他者に任せている


パニック障害に打ちのめされ、自分の無力さを痛感
してしまったとき、自分で考え行動を起こすこと自体が
難しく感じることがあります。


どんどんと弱気な状態になっていき、自分の考え、
判断などは正しいのか?自信が持てなくなって
しまうことは多々あることです。


そうなると、自分ではあまり考えられなくなり、
自分以外の人や物に答えを求めていきます。


パニック障害というのは、ある意味自分自身で
生み出しているとも言えますので、自分で考え、
行動する気持ちがとても大切なんですね。


他者の考えや判断に頼り切ってしまうと、
他者がいないと考えられない、判断が
つかない状態になってしまうこともあり得ます。


もし今現在、考えや判断を他者に任せすぎて
いるのであれば、せめて、


「私はこう考えたのだけど、どうだろうか?」


というような自分なりの考え、判断をまず下し、
他者に確認をしてもらうという作業が良いかも
しれません。



・自分自身で決断できず、誰かに決めてもらう


これは上記であげた例と似ているのですが、こちらの
場合は考えや判断ではなく、決断そのものを他者に
丸投げしている状態のことです。


他者が提示する答えをまるまる取り入れ、
それを決断していってしまう状態ですね。


他者に決断をしてもらうデメリットは、相手の
責任にしやすく相手を責めることにつながる
可能性がある
、ということです。


相手の責任にし、なにもかもがうまくいかない
と嘆くだけでは、なにも進みませんし改善に
たどり着くことは難しくなるでしょう。


他者任せにするのではなく、自分のことは
自分に責任があることをしっかりと腑に落とし、
決断をは自分でしていくことが望ましいでしょう。


「依存」という状態にはいろいろなパターンが
あり、一概には言えない部分もあります。


ですが、もし上記のような状態が慢性化している
のであれば、依存を断ち切り自分で考える、
判断をつける勇気を持つことが重要です。


その結果、自分への自信を取り戻すことに
つながり、パニック障害の完治、改善という
ステージに立てるでしょう。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆あなたが完治を目指す理由はなんですか?
◆行動しない理由を探していませんか?
◆恐れを手放すとパニック障害は完治に向かう
2017.09.11 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の完治に向けて「依存」はパニック障害完治を遠ざける。












管理者にだけ表示