パニック障害でめまいが発生する3つの理由。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害が発症した人で「めまい」
引き起こされることがあります。


ですが、パニック障害が発症した人全員に
必ず起こるわけではありません。


なぜかめまいが起きてしまうことで不安が
強くなり、混乱する人は意外と多いものです。


さて、ではなぜいきなり「めまい」が起きる
ようになってしまったのでしょうか?


パニック障害が起こる前には「めまい」は
無かった人が多く、どのような関係があるのか?
不思議に感じますよね。


今回は、そんな「めまい」とパニック障害の
関係性、発生する理由などについてお話を
していきますね。



パニック障害とめまいはどのような関係性があるのか?



そもそもパニック障害とめまいって、何の関係も
無いような気がしませんか?


パニック障害は脳の神経伝達物質の異常に
よって起こると言われていますが、めまいは
三半規管の影響によるものですので。


三半規管というのは人間の「平衡感覚」を司っています。


この三半規管の機能が弱かったり異常を感じると、
人間はまっすぐに立っていられないんですね。


そしてそれは「めまい」を伴って起こります。


ですが実は、三半規管とパニック障害は直接の
関係性が無くとも、その二つをつなぎとめている、
媒介している存在があるとすれば、どう思いますか?



三半規管とパニック障害をつないでしまう、
媒介しているものの存在。


これは、パニック障害の完治、改善を目指すので
あれば知識として蓄えておく必要がありますよね。


または実際にめまいに困っているのであれば、
この知識を活かしてめまいを解消させていく
ことが重要になりますので。


ここからは実際のパニック障害とめまいを
つないでいる、媒介している可能性のある
ものをお話していきましょう。



パニック障害とめまいを媒介しているものの正体



パニック障害とめまいを媒介しているもの。


それにはどのようなものがあるのでしょうか?


ここからは可能性があるものを順を追って
あげていきますね。


■向精神薬との可能性


パキシル、ジェイゾロフト、ソラナックス、ワイパックス、
リスパダール、などなど。


上記がすべてではなく、向精神薬はいくつも
種類があります。


不安や怖さを抑えるため、パニック発作を
抑えるため、または抑うつ感などを抑えるため。


医師の治療方針によってはいくつもの向精神薬を
服用することがあるでしょう。


ですが、もしかしたらそういった向精神薬が
めまいの原因になっている可能性があります。


多くの向精神薬の副作用に「めまい」
があります。


要は、向精神薬を服用すればするほど、
人によってはめまいが当たり前のように
起こってしまうことがある
んですね。


これは向精神薬を止めない限り続いてしまう
現象と言って良いでしょう。


めまいを気にしないようにしながら
服用を続けていくか?


またはめまいを止めることを優先して、
向精神薬を減薬・断薬していくか?


めまいから逃れるために、向精神薬を
日常的に服用しているのであれば、
よく考えてみる必要がありそうですね。


■低血糖による可能性


あなたの血糖値は正常ですか?


もしくは日によりバラつきがあるでしょうか。


この「低血糖」」という状態も、めまいや
ふらつきを引き起こすことがあるんですね。


低血糖は極端に食事を摂らなかったりなど、
キチンとした栄養が行き届いていないと
おこりやすい症状です。


また、糖尿病の薬を飲み過ぎていたり、
なにかしら特別マ¥な病気などがあると
引き起こされやすいと言われています。


日ごろからコンビニやスーパーのお弁当、
総菜、カップ麺、レトルト食品などを多く
摂っていると栄養失調を招きます。


そうならないよう、日ごろからの食事に
気をつけていきたいものですね。


■ストレス過多による可能性


ストレス過多によりめまいが起こることも
少なくありません。


一見あまり関係ないような気がしますが、
自分のキャパシティーがストレスを受けきれなく
なると身体が反応し、めまいが引き起こされる
ことがあるんですね。


これは知らず知らずけっこう大きなストレスが
かかったときにめまいが起こりますので、
日ごろからストレスには気をつけたいものですね。


大切なことは、ストレスに対して敏感になること、
感じたストレスをそのままにせず、適切に
解消していくことなんですね。


いかがでしたか?


パニック障害でめまいに困っている。悩んでいる
方は意外に多く、それにより不安が強くなって
しまったり、不安定になることも少なくありません。


重要なことなのですが、めまいはめまいであって、
ずーっと続くわけではなく、落ち着くポイントが
ありますので。


躍起になって「めまいをなんとかしなくては!」
と考えると、うまくいきません。


「これはただのめまいであり、時間と共に落ち着く」


というような冷静さを持ち、一旦落ち着いて
いくことが大切です。


また、向精神薬との関係、低血糖との関係、
ストレスとの関係も重要です。


このなかで自分の状態を引き起こしていると
思うものがあれば、率先して対応していく
ことが望まれます。



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆パニック障害は「白黒思考」が大好きです
◆パニック発作の対処がうまくいかない理由とは?
◆「不安」という感情を0にすることはできません
2017.08.11 10:00 | 自分で出来る改善方法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ自分で出来る改善方法パニック障害でめまいが発生する3つの理由。












管理者にだけ表示