内面で起こる5つのメッセージでパニック障害は強化される。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


人は内面から沸き立つ心理的な要因要素によって、
パニック障害が強化されてしまうことがあります。


内面から沸き立つ心理的要素というのは、
心理学の用語で、


「ドライバー」


と呼ばれています。


このドライバーというのは“駆り立てるもの”という
意味であり、5つのものから成り立っています。


その5つのものとは、


・強くありなさい

・一生懸命努力しなさい

・完全でありなさい

・他人を喜ばせなさい

・急ぎなさい


というものなんですね。


このドライバーは“駆り立てるもの”という名の通り、
自分のなかでほぼ自動的に駆り立てられてしまう
命令のようなものです。


自動的というのは無意識の領域であり、自分では
気づかないうちにこの5つが発動し苦しくなって
しまったりツラくなってしまいます。



そして、このドライバーによってパニック障害が
強化されてしまうことがあるんですね。


このドライバーというものは幼少期に親や親的な
立場の人からの影響によってこころのなかに
作られていきます。


ドライバー自体に良い悪いはなく、むしろこれが
あることでモチベーションになったり意識が高まる、
ということがあるんですね。


ですのでいかにこのドライバーに振り回されず、
上手にコントロールしていくか?が重要になります。


では、この5つのドライバーの働きや、いったい
どのようなことが起こりパニック障害が強化されて
しまうのか?ご説明をしていきましょう。



・強くありなさい



「強くありなさい」とはその名の通り、


“強い気持ちをもち強い自分であり続けなさい”


というものです。


パニック障害の人はこのドライバーを強くもっている
ことが多いんですね。


何ごともガマンをして無理することをいとわず、
やっていきなさい、というような無意識の命令です。


これが強く出てしまうと自分のキャパを超える
くらい無理をしますので、その結果パニック障害が
強化されてしまう、という悪循環に陥ってしまうんですね。


このドライバーを弱めるポイントは、


「私は強い自分でなくても存在する価値がある」


という気持ちをもち、強くない自分を認めていくことです。


・一生懸命努力しなさい



このドライバーは一生懸命努力をすることを推奨する
ものであり、努力しない自分には価値がないという
気持ちを抱かせてしまうものです。


人は時により一生懸命努力することはできますが、
ずっと一生懸命努力し続けることは苦しく、
とても大変なものですよね。


また、このドライバーは一生懸命努力している
姿を他者に見せ、自分のことを認めてもらいたい、
価値を感じてほしいという欲求が隠されています。


このドライバーを弱めるポイントは、


「私は一生懸命努力をしなくても価値ある存在である」


ということに気づき、こころの中で強く納得
していくことです。


・完全でありなさい



この世界に完全というものはありませんし、
完璧というものもありません。


もちろんそれは人間にも当てはまることであり、
完全や完璧を求めていくと苦しくなってしまいます。


これについても幼少期の頃の影響が大きく、
自分のなかでひとつのルールを確立させているんですね。


このドライバーはパニック障害に多く見られる、
「100-0思考」につながっており、100点でなければ
0点と一緒という考えに陥り苦しくなってしまいます。


このドライバーを弱めるポイントは、


「絶対的な完全はなく、完璧は目指せない。
 私は完全にできなきても人として価値がある。」


と完全でない自分を許していくこと、認めていくこと
であり、自分のなかでこの事実を認めていくことです。


・他人を喜ばせなさい



これもその名のとおり、他者を喜ばせることに
対する命令が自分になかに命令として湧き上がる
ものです。


他人に喜んでもらうよう尽力する、いくら疲れて
いても他人の喜びを最優先しようとするので、
精神的にも体力的にも最終的には苦しくなって
しまうんですね。


他人に喜びを与えることは気分が良くなりますし、
相手も喜ぶので悪いことではありません。


しかし、自分を抑えてまでも他人に尽力するのは
自分のキャパを超えてしまう恐れがあるので、
ほどほどに抑えることが大切となってきます。


また、このドライバーはパニック障害の方に多い、


“他人を優先する”


ということも含まれているので、なによりも
自分を優先させることを自分で気が付いていく
必要があります。


ドライバーを弱めるポイントは、


「私は他人を優先させるのではなく、自分を
 なによりも優先させ、自分を大切にしていく」


という気付きを得ていき、それをこころから許して
いくことが重要です。


・急ぎなさい



このドライバーは少々特殊であり、これまでお話を
した各ドライバーに付与される働きもあります。


例えばですが、


・早急に強くありなさい

・急いで一生懸命努力しなさい

・早く完全でありなさい

・すぐに他人を喜ばせなさい



というような感じで、各ドライバーを急ぎなさい
という命令で強化させていくものです。


日本人はとくに何ごとにつけても急ぐ傾向に
あるので、急がずとも物事はすすむことを
理解し、またそれを自分に許していくことが
大切です。


最初のほうでもお話しましたが、今回説明をした
ドライバーに良い、悪いはありません。


ドライバーに振り回されず、利用できるところは
利用し、状況によって駆り立てていくことが
大切です。


自分のなかでどのドライバーが強く働くのか?を
見極め、振り回されないよう状況によってうまく
弱めていくことがポイントです。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆あなたが感じる不安や恐怖を無視してはいけません
◆パニック障害に深く関わっている感情とは?
◆脳はパニック発作を記憶してしまう
2017.07.17 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の完治に向けて内面で起こる5つのメッセージでパニック障害は強化される。












管理者にだけ表示