乗り物恐怖の適切な改善法をご存じですか?【エクササイズ編】

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


前回から今回まで2回に分けて、
乗り物恐怖の改善法をお話していきます。


たんに乗り物恐怖と言ってもいろいろありますが、
その中でも「電車」に的を絞った方法をお話しますね。


前回は「焦らない」というマインドセット、
実際の手順についてお話をしましたね。


まだお読みでない方は、こちらからどうぞ↓↓↓

乗り物恐怖の適切な改善法をご存じですか?


今回は改めて実践の手順と、
それの説明をしていきましょう。


前回お話した手順は、


1)自宅から電車の改札まで行く

2)改札をとおりホームまで行く

3)ホームで数本電車を見送る

4)見送ることに慣れてきたら実際に電車内に入り、
 すぐ降りるを繰り返す

5)電車内に入るのに慣れてきたら、車内に入ったとき、
 車内を通り隣のドアから出る

6)電車に慣れてきたら隣の駅まで行ってみる

7)隣の駅に着いたら反対の線路に向かい元の駅に戻る



となっていましたね。


人によっては「これは大変だ!」と感じるかも
しれませんし、「思ったほど難しくないかも。。。」
と感じる人もいるかもしれません。


「学ぶより慣れろ」という言葉があるように、
実際にやってみること、そしていかに早く
慣れてしまうか?ということがひとつのポイントです。



経験に勝る大きな知識はありません。


これからお話する説明をもとに、
ぜひ実践に移っていただければと思いますので。


ではさっそく、実践手順のご説明に入っていきましょう。


1)自宅から電車の改札まで行く


※外出自体は可能という前提でお話を
すすめていきます。


まずは慣れていくという意味で、ご自宅から
最寄りの駅まで行ってみましょう。


電車の改札に行くと思っただけで、もうすでに
落ち着かないかもしれませんね。


最初から最後まで、一貫して大切なこと、
それは「呼吸」です。


人間は緊張してきたり不安が起こってくると、
呼吸をおろそかにしてしまいがちです。



姿勢をただし常に呼吸に意識を向けながら、
こころのなかで自分が駅の改札にいる
イメージをしてみましょう。


まだ実際に電車に乗るわけではなく改札まで
行ってみる練習です。


肩の力を抜いて、勇気をもって、自分を信じて。


駅の改札、そこにはどんな人がいますか?
どのような風景でしょうか?


イメージをして落ち着いてきたら、
駅まで向かってみましょう。


駅まで行けず、途中で戻ってしまっても大丈夫です。


できれば毎日、駅まで向かう練習をしていく
ことも大切です。


1歩でも2歩でもいいので、距離を伸ばしていく。
少しでも駅まで近づいていく気持ちで向かって
いきましょう。


いざ、無事に改札まで行けたら、まずはそこまで
できた自分を思い切り褒めてあげましょう。


褒めたり認めたりすること、自分を肯定していくことは、
できる自分を高めていきます。


ここまでできていることをひとつの自信にし、
それ以降もすすんでいきましょう。


2)改札をとおりホームまで行く


今度は、改札を通り実際の電車のホームまで
行ってみましょう。


ここでもまだ実際に電車に乗るわけではありません
ので、とりあえすは入場券を購入しすすみましょう。


改札を通り実際に電車のホームまで行くのも、
躊躇してしまう気持ちが働くかもしれませんね。


ここでも大切なことは「呼吸」です。


姿勢をただし、深く息を吐きながら、深く息を
吸い込む。


ご自宅からそこまで来れているのですから、
ホームまでも必ず行くことができますので。


一回のトライで行けなくても、改札をくぐることが
できなくても問題ありません。


ホームに立つことができる自分を信じて、
一歩また新たにすすんでみましょう。


3)ホームで数本電車を見送る


無事にホームにたどり着くことができましたね。


すでに緊張が高くなっているかもしれませんね。


この段階でもまだ実際に電車に乗るわけでは
ありませんので。


肩の力を抜いて、呼吸を意識しながら、
焦らずに取り組んでいきましょう。


今回の課題はそれほど難しいことではありません。


とりあえず実際の電車に慣れるため、
ホームには立ちながら電車を見送るというものです。


ホームに入ってきて出ていく電車をただ眺める、
というだけなんですね。


車内に入れると思ったら、入ってみても構いません。


車内に入る出るを繰り返しても大丈夫です。


車内に入るのに勇気がいるのであれば、
ただ電車を見送ることだけで大丈夫です。


ひとつのホームで何回か電車を見送ったら、
可能であれば今度は反対側のホームに行き、
同じように電車を見送りましょう。


電車にはどのような人が乗っていますか?
どのような人たちがホームで電車を待っていますか?
電車のなかにはどのような広告が張っていそうですか?


いろいろと観察をしながら周囲の空気に
慣れていくこと、自分はそのなかの一員なんだと
感じてみることも大切です。


いかがでしたか?


ここまでの段階、ご自宅から駅の改札まで行き、
ホームで電車を見送るというまでについて、
いわばエクササイズ編です。


意外とすんなりとここまでをクリアできるかも
しれませんし、どこかで躊躇してしまうかも
しれません。


大切なことは、


「自分はここまで必ずクリアできる力がある」


と信じることです。


そして何度も言いますが、姿勢をただしながら、
深い呼吸を意識することですね。


少し時間がかかっても大丈夫ですので、
まずはこの3ステップまでをおこなってみましょう。


次回はいわば「実践編」としてホームから電車に乗り、
隣駅まで向かう、というところをご説明していきますので。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆幸せを感じるチカラ
◆予期不安の具体的な内容はこれです
◆簡単にモチベーションを高める方法とは?
2017.03.31 21:00 | 自分で出来る改善方法 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページ自分で出来る改善方法乗り物恐怖の適切な改善法をご存じですか?【エクササイズ編】












管理者にだけ表示