もうひとりの自分と闘う?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


例えば、パニック障害を完治、改善させるために
考え方や行動、マインドなどを変えていこうとするとき、


「そうは言ってもできないのではないか・・・?」

「もしかしたら私には無理なのでは・・・」


というようなことが頭をよぎってしまう。


もしくは、


「やってもやっても、ゴールが見える気がしない」

「本当に完治、改善に近づいているのだろうか・・・」


と疑問に思ってしまうことはありませんか?


せっかく行動して考え方を変え、マインドを整えても、
なぜか思考に邪魔される感覚はないでしょうか?


このような、なにかわからないけども邪魔されている感覚。


そして、ついそちらのネガティブな思考に自分をふいに
乗っ取られてしまいそうになったり。


こういった経験がある人は多いと思います。


実はこれ、


“ネガティブなもうひとりの自分が発言している”


ということがいえるんですね。


よく、


「天使と悪魔のささやき」

「良い自分と悪い自分の葛藤」


などと言われていますね。


これは違う言い方をすると、
もうひとりの自分と闘っているともいえます。


ついつい悪魔の自分、悪い自分の声を耳を傾けてしまい、
ブルーな気分になってしまう。


これはパニック障害の人だけでなく、普段から人間は
このような葛藤を日常茶飯事に感じているんですね。


ですが、やはりネガティブな気分になったり、
落ち込んでしまいたくはないですよね。


ではいったい、この悪魔の自分のささやき、
悪い自分のささやきに乗っ取られない、
天使や良い自分の声だけを聞き続ける方法はなにか?


それは、


“悪魔の声が聞こえたらそこに天使の声を上書きし続ける”


という方法です。


例えば、


悪魔の声 「このままで改善する感じがしない」


という悪魔の声が聞こえたら、


天使の声 「改善するための行動は間違いないので必ずや改善していく」


と悪魔の声に天使の声を乗せてしまう。
悪魔の声が聞こえてきたら、それを繰り返していくんですね。


最初はうまくいかない感じがするかもしれませんが、
継続しておこない続けていくことで、天使の声の割合が、
悪魔の声の割合を超える瞬間があります。



そのような状態になっていくまで繰り返しおこなって
いくのが良いでしょう。


なんだかついネガティブになってしまったり、
ブルーな気分が続くときは、悪魔の自分が
ささやいている可能性があります。


繰り返し反復していくことで、
落ち込みの頻度が必ず下がっていくことでしょう。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆もう、パニック障害の完治はあきらめましょう。
◆ドキドキ感とパニック発作、実は・・・
◆家族の言動は毒にも薬にもなる
2017.02.27 20:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の完治に向けてもうひとりの自分と闘う?












管理者にだけ表示