パニック障害が改善しない“たったひとつの真実”とは?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害が改善していかない、改善が停滞してしまう、
ということがあります。


そしてそれは、“ある状態”が進行をストップ
させている可能性が高いんですね。


自分ではガンバってすすめているつもりでも、
フタを開けてみると思ったよりも改善がすすんでいない、
という事態が起こりえます。


そうなると改善に向けてのモチベーションも下がり、
意欲も落ちてしまいますよね。


モチベーションは改善がすすんだあとに起こることが
多いものなので、それを止めないためにも、
今回のお話を頭の片隅に置いていただければと思います。


さて、ではパニック障害の改善を妨げてしまう、
“たったひとつの真実”とはいったいなにか?


それは、


”自分が思っているほど改善行動をしていない”


というものなんですね。


この「自分が思っているほど」というのが、
ひとつのポイントです。


パニック障害の完治、改善を目指すためには、
改善のための行動をすることは絶対的な条件です。


そしてそれは、できるだけ止めないで
連続しておこなう、段々とレベルを上げていく、
というやり方が良いんですね。



もちろん、体調が極端に悪かったり、どうしても
行動できないときは無理をしないでも大丈夫です。


また、ある程度自分なりに改善への行動を
していると思います。


ですが例えば、本来はレベルを上げていくべき
ところを、できる範囲だけ何か月も反復してしまっている。


もしくは、体調も良く問題ない状態なのに、
いつでもできる用事を優先させてしまう、など。


これは非常にもったいなく、違う言いかたをすると、
自ら改善を止めてしまっているともとれてしまうんですね。


私はよくカウンセリングやブログ、メルマガでも、


「100点を目指さずに60点を目指す」


ということをお伝えしています。


それは100点満点を目指して行動してしまうと、
できなかったときの反動でストレスがかかり、
改善行動を止めてしまう可能性があるからなんですね。


また、60点で満足する気持ち、できなかった後悔よりも、
達成感を味わってもらうために提唱しているものです。


60点を目指しながら徐々に行動のレベル、質を高めていき、
達成感や満足感をしっかりと感じ、最終的には不安を
感じることなく苦手だった行動ができることを目的としています。


もう一度言いますが、あくまで無理をする必要はありません。


無理をしない範囲でちょっとずつ反復ではなく
新しい行動をしていく、いつでもできる用事は
また違う機会におこない、改善の行動をすすめていく。


そうしたことの積み重ねが、欲しい未来、希望に
つながっていきますので。



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ← クリック


【関連記事】
◆カウンセリングとは起爆剤です
◆パニック発作は「抵抗しない」と消えていきます
◆完治を左右する医者とカウンセラーの大きな違いとは?
2017.01.20 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の完治に向けてパニック障害が改善しない“たったひとつの真実”とは?












管理者にだけ表示