「自覚」しないとパニック障害は完治しません。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


突然ですが、あなたにひとつ質問があります。


それは、


「あなたのパニック障害は、いったい誰が治すのか?」


というものです。


いかがでしょう。ちょっとだけ考えてみてくださいね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・

・・・・


さて、いかがでしょうか?答えはでましたか?


ピンとくる人もいれば、いまいちピンとこない
人もいるかもしれませんね。


では、回答を申し上げましょう。


答えは、


「パニック障害を治すのは、あなた自身である」


ということなんですね。


あなたのパニック障害を治すのは医師でもありませんし、
薬でもありません。また、カウンセラーでもありませんし、
パニック障害の専門書でもありません。


自分自身がパニック障害を治すことをわかっている状態を、


“自覚”


といいます。


医師や薬、カウンセラーや本などは、いわば、
あなたの完治・改善を後押しするツールと
言えるものです。


実は、自分自身で治すという自覚が生まれてはじめて、
パニック障害完治への道筋が見えてくる
んですね。


ですが、実はけっこう自覚をしておらず、
誰かに頼り切りになっている人は少なくありません。


自覚できず頼り切りになってしまうことでなにが弊害か?
といいますと、まず、自分自身の頭で考えて行動する
ことができなくなります。


自覚していれば、自分から能動的に情報を集め、
改善法やカウンセリングなどを受ける選択をし、
すすんでいくものです。


自覚ができていないと、予期不安やパニック発作に
好きなように振り回されてしまい、まったく前にすすむ
ことができないんですね。


自覚できていないと自分を信じることもできず、
パニック障害の完治・改善は遠いものとなってしまいます。


自覚さえ芽生えれば、パニック障害と闘う気持ちが湧き、
完治・改善を諦めない理由も生まれます。


予期不安やパニック発作にすぐ飲み込まれてしまう、
いいように振り回されている人は、まずは自覚しているか?
自分を振り返ってみましょう。


「私がパニック障害を治しを治して見せる!」


という決意が自分のなかにあるか?


もし、その決意が見つからないのであれば、
いまからでも遅くはありません。


ぜひ、パニック障害が無い、パニック発作があなたに
起こらない未来に向けて、自覚をしていきましょう。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック発作を気楽に感じられるコツとは?
◆パニック障害はストレス体制の弱い人を狙います
◆パニック障害完治へ山もあれば谷もあります
2016.09.22 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の完治に向けて「自覚」しないとパニック障害は完治しません。












管理者にだけ表示