うつ症状の原因は「カンジダ菌」だった!?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


突然ですが、あなたは、


「カンジダ菌」


というのを聞いたことがありますか?


「カンジダ菌」というのはカビのひとつと言われていて、
「膣カンジダ」という病気が有名でしょうか。


このカンジダ菌自体は健康な女性でも持っている
常在菌であり、女性であれば誰にでも起こる
可能性がある疾病のようですね。


口内、胃腸、皮膚といった粘膜にはどこでも存在する
菌のようです。


今回は膣カンジダのお話しではないので割愛しますが、
5人に1人の割合で経験しているという統計結果も
あるようです。


さて、そんな「カンジダ菌」ですが、
実はうつ症状とも深い関わりがあることをご存じですか?


「カンジダ菌」がある理由で増殖してしまうことで、
うつ症状が現れることがあります。


ちなみに、カンジダ菌が増殖してしまう理由ですが、


・風邪などをひいたとき

・疲労が溜まっているとき

・日常的なストレス

・免疫力の低下

・ホルモンバランスの変化



などがあります。


できるだけ上記のことを避ける、予防するだけでも、
カンジダ菌の増殖は抑えられるのではないでしょうか。


また、カンジダ菌によりうつ症状は身体のどこから発生するのか?
ですが、それは【 腸 】からなんですね。


腸というのは「第二の脳」とも言われている器官であり、
とても大切な臓器です。


腸というのもひとつの粘膜ですので、
そこでカンジダ菌が増殖してしまうことにより、
うつ症状が現れる可能性があると言われています。


カンジダ菌によるうつ症状としては、


・強い倦怠感(慢性疲労)

・不眠症

・情緒不安定

・抑うつ状態

・情緒不安定

・集中力の低下



などがあげられます。


本来の「うつ病」であれば、脳という臓器の病気なので、
抗うつ薬などである程度は改善されます。


そして、しっかりと休む、良い栄養を摂る、時により
カウンセリングを受ける、などでさらに改善していきます。


ですが、うつ症状がカンジダ菌からくるものであれば、
抗うつ薬などはほぼ効かない可能性が高いでしょう。


もし今回のカンジダ菌が気になったら、
大切なことは、いかに菌を増殖させないか?
ということでしょう。


先ほどもお話しましたが、風邪をひかないようにしっかり
予防する、疲れを溜めない、ストレスはできるだけ発散する、
栄養をしっかり摂るなど、できることから始めていくのが、
大切かと思いますので。


普段の生活をいま一度見直してみることも、
大切なことかもしれません。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆定型うつ病とパニック性うつ病の違いとは?
◆体重増加は危険なサインかもしれません
◆「信念」がパニック障害を撃退するパワーになる

2016.08.09 10:00 | パニック障害に関わる他の病理 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害に関わる他の病理うつ症状の原因は「カンジダ菌」だった!?












管理者にだけ表示