親は恨んでも憎んでもいいんです。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害を完治させていくため、


“親は恨んだり憎んだほうが良い”


といったら、あなたは驚きますか?


親を恨め、憎め、というのは少々語弊がありますが、
恨むべきところは恨み、憎むべきところは憎む、
ということが大切なんですね。


ほとんど全員がそうだと思うのですが、


「両親にたいして感謝しなさい」

「親を誇りに思いましょう」

「両親を大切に尊重しましょう」



というようなことをいろんな人から聞かされて、
身に染みていると思います。


ですが、親という存在は親である前にひとりの
人間であり、男と女という生きものです。


あなたがいままで育ってきた過程には、
あなた望まなかったであろうことも含まれているんですね。


教育、しつけ、という名のもとに親はあなたにたくさん
接してきたでしょう。


ですがそのなかには、あなたを
苦しめる、辛くさせてしまうこともたくさん存在しています。



もちろん親は、あなたを苦しめたり辛くさせるために、
教育やしつけをおこなってはいません。


結果論として、あなたが感じる苦しさや辛さがいまの
パニック障害を助長させているとしたら・・・・


これは解決をしなければならない問題ですよね。


もしあなたが、いま現在親の影響に振り回されていたり、
こころのどこかで親に対して怯えている、怖さを感じている、
ということであれば、まずはその感情を消化させる必要があります。


消化させる方法は、


「私はこんなにも親を怖いと感じているんだなぁ・・・」

「私はすごく腹が立っている!ものすごく腹が立つ!」

「悲しいし、寂しいと感じているんだなぁ」



というように、あなたが感じている感情をそのまま
認めてしまう、受け入れてしまう、という方法です。


「親なんだから、そんなこと思ってはダメだ」


という気持ちをもつ必要はありません。


一旦その気持ちは捨てて、しっかりと認め、
受け入れてみる。


そのあとで、改めて親にたいしての感謝やありがたみが
湧いてきますので。


まずはしっかりと、あなたが感じている感情を消化させる、
認め受け入れることを始めていきましょう。



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


◆パニック障害【徹底改善】動画集はこちらから ← クリック


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆親への怒りをそのままにしていませんか?
◆見捨てられ経験でもパニック障害は発症する
◆完治するためのカウンセリングの受けかたとは?
2016.06.15 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の完治に向けて親は恨んでも憎んでもいいんです。












管理者にだけ表示