もう、パニック障害の完治はあきらめましょう。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


突然ですが、


パニック障害の完治はあきらめてください」


と言われたら、あなたはショックを受けますか?


いきなりのことですから、
非常にビックリするかもしれませんね。


ですが実は、あることを念頭におき意識していかないと、
パニック障害の完治は難しくなってしまう可能性が
あるんですね。



ここを間違えてしまうと、
こころも身体も非常にツラく苦しくなってしまいます。


ではいったい、なにを念頭におき意識しておかないと
いけないのか?


それは、


“失敗せずに完治を達成させることをあきらめる”


ということなんですね。


これはいったいどういうことか?といいますと、
人は誰でも失敗をせずに物ごとの達成を願うものです。


どのようなことであれ、
失敗をせずにクリアしたいと思うものなんですね。


ですが、なにかを成し遂げていく、達成させていく
ためには、うまくいかないこと、失敗することが
たくさん出てきます。


例えばですが、


「呼吸法を習慣にしているはずなのに、
 予期不安に飲みこまれてしまい発作が起きた。」


「ある程度電車に乗れることができていたのに、
 急にまた乗れなくなってしまった。」


「発作が起こらないよう生活習慣を変えたのに、
 いきなりの発作になすすべもなかった。」


というように、うまくいっていた、うまくこなしていたのに、
突然の予期不安や発作に負けてしまう。


そうした、自分にとってある意味「失敗体験」が
大きな傷となってしまい、


「やっぱりパニック障害の完治は無理なんだ・・・」


と、いままでうまくいっていたこと自体を
否定しはじめてしまうことがあります。


否定は否定を呼び、結果、
パニック障害の完治をあきらめなければならない、
というような考えを定着させる危険があるんですね。


パニック発作の対処法をしっかりやっていても、
自己改善法をすすめていても、ときとして、
うまくいかないこともあります。


もしうまくいかず落ち込んでしまいそうになったら、


「うまくいかないときもある。でもそれはそれであり、
   パニック障害の完治をあきらめる必要はない。」


という感じに、
考えかた、意識を切りかえていきましょう。




↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆身体の緊張を限りなく0にさせていく方法とは?
◆電車に乗るときの不安を解消する方法とは?
◆あなたは一生パニック障害を続けるつもりですか?
2016.03.23 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の完治に向けてもう、パニック障害の完治はあきらめましょう。












管理者にだけ表示