パニック障害完治への絶対的な自信をつける方法。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


人間、なにをするにしても「自信」というのは
あったほうが良いものです。


「自信」が大きく強ければ強いほど、
それを達成する、成し遂げることのハードルも低くなります。


逆に、「自信」が小さく弱ければ弱いほど、
それを達成するハードルは高くなってしまうんですね。


この現象は、
パニック障害の完治を目指すときにもいえることです。



「自信」が弱ければ弱いなり、
強ければ強いなりになっていきます。


ですが、「自信」がいくら大切とはいっても、
そう簡単に「自信」をもてるかどうか?は別問題ですよね。


最初から「自信」をもつことができる人もいれば、
昔から「自信」そのものをもつことが苦手、
という人に分かれるでしょう。


そこで今回はひとつ、


「比較的簡単にできる自信をもつ方法」


をお話ししたいと思います。


これは“潜在意識”という人間がもつ無意識へ
ダイレクトに落とし込む方法であり、
かなり強力なものでもあります。


実際に私三木ヒロシもちょっと自信をつけたいときや、
気分を上げたいときなどおこなっているものですので。


大きさはとくに問いませんので、
「鏡」をひとつ用意してください。


では、実際のやりかたですが、


1)鏡に自分の顏を写し10秒間じっと自分の顔を見続ける

2)鏡に映っている自分にたいし、

「〇〇(あなたの名前)、あなたには大きな自信が溢れている」

「〇〇、あなたは大きな自信の塊である」

「〇○、あなたはこころの底から自信が湧きあがっている」

ということを10回ほど真剣に伝える。

3)3~5セットくらいくり返す



となっています。


最初のほうは慣れていないので、
若干照れてしまうかもしれません。


大切なポイントは、恥ずかしがったり照れすぎて
しまわないことです。



そして、鏡のなかの自分に伝えるときは、
真剣に伝える
、ということです。


照れながら恥ずかしがりながらおこなうと、
潜在意識にキッチリ落とし込むことができません。


伝えるときだけは真剣におこなう、
というのがキモになりますので。


鏡さえあれば場所も時間も問いませんので、
時間があるときに続けてみることが大切です。


続けていくとどこかの時点で、
ふつふつと自信が湧いてくるのを実感しますよ。



↓いつもありがとうございます。↓ぜひクリックをお願いします。
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

東京都府中市本町2-19-33-303号室

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆認知行動療法は苦手意識を拡大させる!?
◆「気づく」ことでパニック障害の完治は加速する
◆パニック発作は〇〇を冷やすことで解消できる!?
2016.03.05 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の完治に向けてパニック障害完治への絶対的な自信をつける方法。












管理者にだけ表示