過敏性腸症候群の治しかた。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害と併発しやすいものとして、


「過敏性腸症候群」


というものがあります。


これは、なにかしらの刺激に腸管が敏感に反応してしまい、
下痢や便秘をくり返してしまったり、お腹が張るような状態に
なってしまう状態のことです。


私三木のクライアントさんでも、この「過敏性腸症候群」
を併発している方は多く、並行してこちらも改善を
目指しているんですね。


この「過敏性腸症候群」ですが、この状態に陥ってしまうのは、
ある理由によるものです。


その理由とは、


“悪いストレス”


なんですね。


本来は、悪いストレスが自分に降りかかっていると自覚したとき、
それを払いのける、ストレスを解消していくことが必要です。


ですが、場合によってそのストレスを見て見ない振りをしている、
気づいているがあえて対処していない人も多くいます。


あなたももしかしたら、当てはまっているかもしれませんね。


さて、ではどうしたらその悪いストレスを解消し、最終的には、
「過敏性腸症候群」を治すことができるのか?


それは、


“ストレスがあることを自覚しカウンセリングを受ける”


という方法がいちばん効果的でしょう。


意外にも自分に降りかかっている、受けているストレスに
気づいていない、自覚していない人は多いものです。


「もともと腸が弱いから・・・」

「お腹をくだしやすいんだよね・・・」


ということで片づけてしまうんですね。


ですが、もしなにかしらこころにモヤモヤしたもの、
スッキリしない感覚がある場合。


それと同時にお腹が下る、お腹が張るような状態になっていれば、
それはほぼ間違いなく「過敏性腸症候群」といえるでしょう。


自分のストレスに気がつくため、もしくは受けているストレスを
適切に解消していくためには、カウンセリングを有効利用する
のが本当に効果的です。


パニック障害を完治させていくことはもちろんですが、
「過敏性腸症候群」」を抱えているのであれば、そちらも
同時に解消させていきましょう。


↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

=========================
いよいよ来週開催です!
「パニック障害完治に向けてのグループカウンセリング」

http://panicgekitai.blog.fc2.com/blog-entry-667.html

現在は2/21(日)、2/24(水)のみの募集です。
※2/27(土)は定員に達したため締切ました。

=========================

==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================

●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら



三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓


薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆「対人恐怖」はパニック障害を強化させてしまう
◆パニック障害完治を実現させる確実な方法とは?
◆パニック発作を眼球運動で解消する方法
2016.02.17 08:00 | パニック障害に関わる他の病理 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害に関わる他の病理過敏性腸症候群の治しかた。












管理者にだけ表示