パニック障害は自由になれない人に発生しやすい。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害は真面目であり他者に気遣いができ、
自分ひとりでなんでも抱え込んでしまう人がなりやすい
ものです。


それはある意味、


“こころから自由になれない”


人と言えるでしょう。


もちろん、真面目であり他者に気遣いができる、
問題の解決を率先してひとりで、ということは、
ガンバリ屋さんであり素晴らしいことです。


ですが、それが知らず知らずのうちにストレス、
大きなプレッシャーとなり、自分の自由を狭めている
んですね。


ここでいう「自由」というのは、
他者の目を気にせず、自分は自分だという行きかた、
なにごとも自分を優先することができずらい、というものです。


このようなこころからの自由が得にくい人にたいし、
パニック障害は牙をむいてくるんですね。


こころから自由になりパニック障害を解消していくため、
必要なことは、


“できない、やれない自分を許す。完全を手放す”


ということなんですね。


真面目であったり他者に気遣いをする、
ひとりで問題を抱え込む、というのは、
ひとつのこころのルールです。


長年そのようなルールを守ってきているのですから、
そう簡単には変わることは難しいでしょう。


ですが、パニック障害を完治させるために自分は変わる
という決断ができれば、時間はかかるかもしれませんが、
変化がともなっていくでしょう。


「自分は変わる」と決めたあとは、


・真面目すぎるのを軽くしていく、あえてサボる

・他者への気遣いを軽くしていく

・なにか問題などは家族やパートナーと共有する



ということをこころがけていくと良いでしょう。


パニック障害を完治させるため、
自分の内面を変化させていくのは大切なことです。



↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


=========================
「パニック障害完治に向けてのグループカウンセリング」

http://panicgekitai.blog.fc2.com/blog-entry-667.html

現在は2/21(日)、2/24(水)のみの募集です。
※2/27(土)は定員に達したため締切ました。

=========================


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         http://goo.gl/acCeVJ
==========================

●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓


薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆強いストレスを放っておくと・・・
◆パニック障害の基礎知識は完治への助けになります
◆過去の傷はパニック障害を強力にします
2016.02.16 08:00 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害についてパニック障害は自由になれない人に発生しやすい。












管理者にだけ表示