「パニック障害は治るのか?」と疑問をもっていませんか?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


突然ですがあなたは、


「本当にパニック障害は治るのか・・・?」


という疑問をもっていませんか?


もしあなたがとても長い間パニック障害に苦しんでいる、
ツラい思いをしているのなら、そう考えてしまうのは当り前です。


なかなか改善していかなったり、苦手なことができたとしても、
なにかの拍子にまたできなくなるのでは・・・と不安に駆られ、
心配してしまうこともあるでしょう。


そういった気持ちを察したうえで、ハッキリ言うと、


“パニック障害は治る病である”


と私三木は答えられます。


なぜそのように答えることができるのか?


それは、すでに何人もの人たちがパニック障害の完治・改善を
成し遂げており、その姿を目の当たりにしているからなんですね。



もちろん、パニック障害の完治・改善を成し遂げた人たちは、
最初から自分がそれを成し遂げるとは思っていませんでした。


シンプルに、ただ完治・改善への行動をしていっただけです。


後ろを見ずに、不安でも怖くても、ただくる日もくる日も、
行動をしていただけなんですね。


もちろん、気分が乗らない、気持ちが上向かないときもあります。


そんなときは、思いきり羽を伸ばす。ほぼ何もやらない。


ただただ、そんな日があっても腐らず、またできるときに
できることをすすめていく。


無理しても焦っても、いいことはありません。


できるとき、やれるとき、ちょっとチャレンジできそうなとき、
そんなときにすすんでみることです。


これまで完治・改善を成し遂げた人たちは、


・なにがあっても諦めない

・自分には完治できるチカラがあると信じる

・適切な改善への行動をする



ということを念頭においていました。


それを念頭においたうえで、前を見てすすんでいく。


ちなみにですが、パニック障害は薬による治療では、
完治・改善に行きつくことはできません。



完治。改善に行きつくことができるのは、
カウンセリングを受ける、呼吸法などの改善法を取り入れる、
上手に感情を解消させていく、といった方法が適切であり、
有効です。


あなたも諦めず、自分を信じ、適切な道をすすめば、
いつか必ず輝く未来が待ち受けていますよ。


==========================
(音声ファイル)
「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」はこちら↓↓↓
         
style="color:#0000FF">http://goo.gl/acCeVJ

==========================


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓


薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害を撃退する自信をつける方法とは?
◆薬と完治の驚くべき関係性とは?
◆あなたがパニック障害完治を望むのであれば・・・
2016.01.20 08:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(2) |
トップページパニック障害の完治に向けて「パニック障害は治るのか?」と疑問をもっていませんか?

自分は20数年パニック障害を患っています。
その間、行動治療・薬物療法・呼吸法・自律訓練法・カウンセリングなど色々やりましたが治りません。パニック障害に関する本なども色々読みました。

>“パニック障害は治る病である”
こう考えるのは、軽度のパニック障害か早期発見のパニック障害だと思います。
どんな病気も軽度・早期発見は完治しやすいし。

自分も・なにがあっても諦めない

・自分には完治できるチカラがあると信じる

・適切な改善への行動をする
は心がけていますが良くなりません。今でもホボ毎日行動治療はやっています。それでも行動治療の最中にパニック発作が起きる事はシバシバあります。

今はパニック障害を完治・克服よりも「共存する」を目標に治療してます。

パニック障害は(重度の場合)、そう簡単に治らない病気です。

自分はパニック障害で、健康・仕事・お金を失いました。

2016.01.20 18:41 URL | ろんり~うるふ #JalddpaA [ 編集 ]

ろんり~うるふさま

カウンセラーの三木ヒロシです。

コメントをいただきましてありがとうございます。

20数年、パニック障害を患っていらっしゃるのですね。
その間にいろいろなことをされ、現在も行動療法を実施されている、
ということですね。

諦めない、完治できるというマインドを持ち完治への行動を
されているのに一向に完治に向かわない。

それはとてもつらいお気持ちだと思います。。。

そこまで努力をしていらっしゃるろんり~うるふさんに、
最適な言葉がいま、見つかりません。

ですが、ひとつだけヒントといいますか、
なにかしらの気づきになれば幸いなのですが、
もしかしたら、ろんり~うるふさんがおこなってきたこと、
行動していることは、身体にあっていないのかもしれません。

人それぞれに、完治までの道のりは違います。
100人いたら100通りありますので、
パニック障害がろんり~うるふさんに巣食っている原因など、
深く掘り下げていき、それの解消にあった方法を実施していく、
行動されていく、というのがよろしいかもしれません。

現在のろんり~うるふさんを形作っている思考パターンや
自分のなかのこころのルール、トラウマ、信念、感情などを
明確にし、解消していくものは解消していくことで、
また違ったことが見えてくるかもしれません。

また、おっしゃるように「共存」という考えかたもありますね。

妥協しての「共存」、目標としての「共存」で若干の違いは
ありますが、ひとつの方法だと思っております。

おかけする言葉が見つからず、申し訳ございません。

なにかしらのきっかけになれば幸いです。

いつもありがとうございます。

2016.01.28 20:27 URL | 三木ヒロシ #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示