完治を「諦めない」気持ちをまちがえてしまうと・・・

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害の完治を目指すとき、
絶対に必要な「信念」があります。


この「信念」があなたのなかにあるか、ないかでは、
パニック障害の完治を成し遂げる確率が圧倒的に
変わってしまう
んですね。


いわば、完治を後押しする、絶対的な力と
なるものです。


ではいったい、その完治への絶対的な力となる、
「信念」とはなにか?


それは、


“パニック障害の完治を諦めない”


という強い思いのことです。


この思いが強く自分のなかにあればあるほど、
あなたのなかの潜在意識はそれを理解し、
ずっと後押しをしつづけてくれるんですね。


ですが、なかには強く諦めない気持ちをもっている
にも関わらず、改善がすすまない人もいます。


一方では、強く諦めない気持ちのままに、
すっかりと完治を成功させている人もいます。


この違いはいったいどこから生まれるのでしょうか?


実は、この2つの違いはある特徴から生まれています。


それは、強く諦めない気持ちを持つふりをしている人と、
まっすぐ強く諦めない気持ちを持つ人、という違いです。


気持ちをもっているふり、というのは変な言いかたですが、
こころのどこかで本当に完治を望んでいない、とも
いえるものなんですね。


なぜふりをするのか?完治を望んでいないのか?
ですが、それはパニック障害でいることにたいし、
なにかしらのメリットを感じているからです。


例えばですが、


・パニック障害でいれば嫌なことをしなくていい

・パニック障害でいれば周りが優しい

・「パニック障害になったのはあなたのせいだ!」
                   と無意識に攻撃できる

・パニック障害でいさえすれば親は変わるだろう


というようなことがあります。


もし、強い気持ちをもちパニック障害の完治を望んでいる
にも関わらず、改善がうまくすすまないのであれば、
メリットを感じている可能性が高いです。


大切なことは、諦めないふりをするのではなく、
徹底的に諦めない気持ちをもつこと。


パニック障害の完治をこころから望んで良い、
自由に生きても良い、とメリットを捨てる覚悟をもてば、
まったく違う素晴らしい世界がまっていますよ。


========================

あなたのパニック障害完治を実現する、
究極の7つのマインドセット。

「パニック障害完治に必要な7つの黄金ルール」

お申込みは下記をクリック↓↓↓↓↓↓↓

   http://goo.gl/acCeVJ


========================


●パニック障害【完治】の秘訣メールマガジンご登録はこちら


↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング



各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆「セルフイメージ」を持つことの重要性
◆カウンセリングを受けても効果を得られない理由とは?
◆モチベーションを上げると失敗します
2015.12.22 17:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の完治に向けて完治を「諦めない」気持ちをまちがえてしまうと・・・












管理者にだけ表示