「断れない」クセでパニック発作は悪化する!?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


ひとつ質問があります。


あなたは、


A)嫌なものは嫌と断れるタイプ

B)嫌と断れずあいまいに受けてしまうタイプ


AとB、どちらに属していますか?


この質問はなにか?というと、実はBを選んだ場合、
将来的にパニック発作が悪化してしまう可能性がある
ということをお伝えしたかったんですね。


なにか物事を頼まれたとき、嫌な顏ができず、
気づくと引き受けてしまっている
、という状況を
たくさん経験していませんか?


もしそうであれば、本当は受けたくもない
頼まれごとに対し受けてしまうことによって、
知らず知らずものすごく大きなストレスが
溜まってしまいます。


そして溜まったストレスは徐々に大きさを増し、
やがては身体に異変として発生することがあります。


ストレスによる身体への異変は、例えば円形脱毛症に
なる、胃潰瘍になる、胃炎や胸痛が起こる、抜毛して
しまう、などがあります。


そういった異変のなかにはパニック発作が起こる
というのも含まれている
んですね。


場合や状況によっては断れない、引き受けざるを得ない、
ということもあるでしょう。


ですが、いつもいつもなんでも引き受けてしまうのは、
それだけでも身体に負荷がかかり、嫌な感情や
ストレスを溜め込む原因になります。


嫌な感情やストレスを溜めないようにするポイントは、


“出来るだけ断る勇気を持つ”


ということです。


なにかを頼まれたり依頼されたとき、
すぐに受けるのではなく、一旦頭を冷静にして、


「これを引き受けてもストレスはかからないか?」

「後で嫌な感覚や気持ちがでてこないだろうか?」


と判断し、引き受けたくなければ勇気をもって
断ることが大切です。


あなたがそれを断ったとしても、邪険にされる
ことはありませんし大きな問題が起こることは
ありません。


頼む人はあなた以外にも必ずいますので、
積極的に断ることが必要になるんですね。


発作を起こさないため、悪化させないため、
ストレスを抱え込まないよう、断る勇気を持ちましょう。



↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害で陥りやすい思考と行動とは?
◆パニック障害にノートを使って打ち勝つ方法とは?
◆モチベーションを上げると失敗します
2015.11.10 08:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の完治に向けて「断れない」クセでパニック発作は悪化する!?












管理者にだけ表示