パニック発作へのストレスが消える「2つのこと」とは?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


あなたは日々、
パニック発作へのストレスを感じていませんか?


発作がしょっちゅう起こるのはもちろんストレスが
かかりますが、度重なる緊張や不安でも、
大きなストレスがかかるものです。


もし、あなたがいま大きなストレスを感じているのであれば、
これからお話する「2つのこと」をお試し頂くのが良いでしょう。


うまくいけば、こころがスッキリとし気分が晴れて、
ストレスが解消されていきますので。


では、ストレスを解消させるための「2つのこと」
ですが、それは、


“笑うこと”と“泣くこと”


なんですね。


「笑うこと」と「泣くこと」、まったく真逆な感情では
ありますが、どちらもストレスを解消させるには
とても適したものなんですね。


「笑うこと」はその名の通り、面白い、楽しいことを
見る、体験することで起こる感情ですね。


できるだけお腹から笑えること、大声で笑えることが
あるのが望ましいでしょう。


例えばですが、


・好きなお笑い番組や芸人を観る

・コメディータッチなマンガや本を読む

・面白い友人、知人とおしゃべりする

・DVDや映画館で笑える映画を観る

・落語などを観る



などですね。


できるだけ周りを気にせずに大声で笑う、
お腹から笑うことでスッキリとストレスが
解消されていきます。


つぎに「泣くこと」ですが、泣くという行為は
「浄化」の作用があります。


違う言いかたをすると「カタルシス効果」というのですが、
「泣く」という行為はこころのなかに溜まっているものを
吐き出す、流し出す作用があるんですね。


これも例えばですが、


・泣けそうなドラマや映画を観る

・悲しい物語の本やマンガを読む

・悲しいことやツラいことがあれば、
 それをガマンせずに泣く



などです。


こちらもできれば、しっかりと泣くこと、
ガマンをせずに、肩の力を抜いて
泣き尽くすことが大切です。


大声で笑うことも、しっかりと泣くことも、
どちらも恥ずかしいことではありません。


感情をしっかりと出せること、隠さずにそれを
出せることは、ある意味強さでもあります。


なにかしらのストレスを感じているのであれば、
「笑うこと」「泣くこと」をぜひ意識してみましょう。



↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
人の目が気になり過ぎていませんか?
◆パニック発作を気楽に感じられるコツとは?
◆パニック障害はどのくらいの期間で完治するのか?
2015.11.03 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の完治に向けてパニック発作へのストレスが消える「2つのこと」とは?












管理者にだけ表示