薬物療法でパニック障害は治りません。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


あなたはいま、パニック障害を完治・改善させるべく、
どのようなことをしていますか?


あなたがもし、薬の服用(薬物療法)だけをしている、
薬によって完治・改善を目指しているのであれば、
それは悲惨な結果を招くかもしれません。



薬というのは短期服用が基本であり、
徐々に薬を身体から抜いていくことが必要です。


そして違う改善方法、カウンセリングや自己改善法などに
切り替えていくことがとても大切なんですね。


パニック障害の初期、まだパニック障害になってから
短い期間であれば、抗不安薬などである程度、
発作を抑えることはできます。


ですが、それは薬という化学物質を用いて無理やり
発作を抑える行為ですので、根本から改善させる
ものではありません。



抗不安薬などによって気分が落ち着いたり、発作が
減ることで楽になったりしますが、パニック障害に
なった根本の原因は一切解消されないまま
なんですね。


それに、やはり薬というのは本来身体に入れない物質で
出来ていますので、身体に良いわけはありません。


最終的に、身体に負担をかけずに完治・改善を
望むのであれば、やはりカウンセリングが有効です。


パニック障害をなぜ発症してしまったのか?
それを大きく3つに分けると、


1)白黒思考や完璧思考などの考えかたによるもの

2)幼児期の体験や経験、自分のキャラクターによるもの

3)環境によるもの



となっています。


この3つのことを意識し、改善に取り組んでいくのがベストですが、
これは自分自身ではなかなか気づかないものです。


そして、この3つのことに意識を向け、そこに紐づいている
観念や感情などを解消していく、切り替えていくことで、
多くのパニック障害は完治・改善に向かっていきます。


この自分では気づかないことに気がついていく
ステップがカウンセリング
なんですね。


あなたのこころの中に巣食っている根本の原因を
取り除いていくことで、晴れてパニック障害から
抜け出していくことができます。


カウンセリングを受けたことで、完治・改善を
達成した人は多くいます。


今度はあなたが、そのなかの1人になりませんか?



↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害から身を守る自己暗示とは?
◆広場恐怖が改善しない決定的な理由とは?
◆全体の60%の人が自分でパニック発作を引き起こしている
2015.10.25 10:00 | パニック障害の薬の知識 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の薬の知識薬物療法でパニック障害は治りません。












管理者にだけ表示