パニック発作の引き金になるもの。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害専門カウンセラーの三木ヒロシです。

突然パニック発作が発症したとき、
最初は何が起こったのかわかりません。

大きな恐怖感や不安感に身体を
蝕まれ、冷静な考え方ができなくなります。

パニック発作が起こるとき、
実はその引き金になるものがあります。

それは、

感情の抑圧

なんですね。

日常の中で、私たちは感情を
抑えがちですよね。

子どものように無邪気に天真爛漫に
という訳にはなかなかいきません。

社会という枠組みの中、そこから
遺脱しないように生活をしています。

ですが、どうしても枠内にいると
息苦しくなってくるのも事実です。

その息苦しさの根本にあるもの、
それが感情の抑圧です。

カウンセリングを受けていくと、
自分の内面と向き合うことになります。

向きあうことで、自分の中の葛藤や
様々な感情が潜んでいたことに気づく
ことができるんですね。

その感情は、不安かもしれませんし
恐怖かもしれません。または怒りや
悲しみかもしれません。

そうして気づいた自分の中の感情、
もしそれが必要の無いものであれば
手放していくことで、こころも身体も
楽になっていきます。

人は自分のことは一番わからないものです。

カウンセリングを通し、内面に向きあうことで
やっと自分に起こっていることがわかります。

勇気を出してカウンセリングを受けてみると、
そこからパニック発作解消への道が
始まります。

【関連記事】
◆ストレスには3つの症状があります
◆カウンセリングはパニック発作に効果があります
◆感情を解放して楽になるテクニックとは?

← 登録すると新着記事がラクラク読めます。


↓ありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになります↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村
2013.04.15 10:00 | パニック障害の基礎知識 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の基礎知識パニック発作の引き金になるもの。












管理者にだけ表示