感情を閉じ込めたままにしておくと・・・

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


一つ質問です。


あなたは普段、


1)嫌な感情やツライ感情を抑えて飲みこんでしまう

2)嫌な感情はなんとか解消しようとする


1と2、どちらを選んでいますか?


もし1であるなら、抑えて飲みこんだ感情は、
消えることなく身体に溜まっている可能性があります。


その結果、怖さや不安が増してしまったり、
心配が強くなってしまうことがあるんですね。


感情は生ものですので、知らないうちにキレイに消えて
しまうということはなく、残っていることは多いものです。


2であるならば、嫌な感情はほぼ身体に溜まることはなく、
予期不安以外では、怖さや不安、心配などはあまり
強くなることはないでしょう。


パニック障害というのは、感情との結びつきが強いもの
ですので、うまく感情を消化・解消することができると、
おのずとパニック障害も安定していく傾向にあるんですね。


なぜかわからないけど、毎日不安や怖さが強くなっている場合、
それは感情を抑圧している可能性があります。



嫌な感情をガマンしすぎてしまい、「もう無理だ!」と身体が
悲鳴をあげている状態なんですね。


そうなると、抑圧していた感情は暴走をはじめてしまい、
それが怖さや不安、心配が強くなるという結果を
招いてしまいます。


嫌な感情を解消する、身体から取り除いていくには、
カウンセリングを受けてみることが最良なひとつの選択です。


カウンセリングでは、うまく話そうと思わなくて大丈夫です。


胸のなかにあるもの、嫌なことやツラいことを、
そっくりそのままお話しするだけで十分です。


最初はわかりづらいかもしれませんが、
カウンセリングを受けてみると、気づいたら
頭も身体もスッキリしていることに気がつくはずです。


カウンセリングは色々な要素・効果がありますので、
気づかないうちに身体のなかに渦巻いているものが、
取り除かれているんですね。


快適な日常を過ごす、パニック障害を完治させるため、
カウンセリングという選択をすることは大切です。



↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp



三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック発作の引き金になるもの
◆パニック発作が不安で外出が困難なあなたへ
◆イメージできるとパニック障害は完治する
2015.10.15 10:00 | パニックのカウンセリング | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニックのカウンセリング感情を閉じ込めたままにしておくと・・・












管理者にだけ表示