パニック障害と相性が悪い食べ物はなにか?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害と相性の悪い食べ物というのがあります。


相性が悪いというのは、それを摂取することで、
パニック発作が起きやすくなってしまうもの。
不安が強くなってしまったり感情が乱れてしまう、
といった食べ物のこと
なんですね。


食べ物は種類によっては神経系を刺激したり、
ホルモンバランスを崩してしまう、というものが
ありますので、気をつけておきたいところです。


では、パニック障害と相性の悪いおおまかな
種類の食べ物を紹介すると、


・カフェイン類

・アルコール類全般

・薬やサプリメント類



となっています。


ひとつずつ説明をしていきますね。


■ カフェイン類


「カフェイン」というのは眠気覚ましに使われたり、
興奮を促すという作用があります。


脳にほぼ直接作用して、
スッキリとした感覚になるものです。


ですが、その脳に与える刺激がアダとなり、
逆に発作へ促すことになりかねないものなんですね。


カフェインの種類としては、コーヒー、ココア、お茶類、
コーラ、チョコレート、などが代表的なものです。


眠気覚ましのコーヒーや疲れたときに摂取する
チョコレートなど、違うもので補いたいですね。


■ アルコール類全般


アルコールも脳にほぼ直接作用してしまう刺激物です。


多少の酔いはリラックス効果があるので良いもの
ですが、お酒を多く飲んでしまった翌日など、
不安が高まってしまうという特質があるんですね。


二日酔いなどのときは不安が高ぶることが
ありますので、ほどほどの摂取が良いですね。


■ 薬やサプリメント類


薬やサプリメントも種類によっては摂らないほうが
良いものもあります。


あまり摂らないほうが良いものとしては、食欲を
抑えるサプリ、女性が服用するピル、喘息薬、
EDの改善薬、といったところです。


これらに含まれる物質がパニック発作を引き起こす
きっかけになったり、不安などを高めてしまう働きが
あるようです。


おおまかに3つの種類をあげてみましたが、
本当に大切なことは摂り過ぎないということです。


絶対に摂ってはいけない!というものでは
ありませんので、ほどほどに摂る分には問題ありません。


何ごともほどほどが良いとも言いますので、
今日お伝えしたことをきっかけに、
食生活を見直してみるのが良いかもしれません。



↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


← 登録すると新着記事がラクラク読めます。


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック発作を引き起こす食べ物とは?
◆パニック障害を再発させない心構えとは?
◆パニック障害は成育歴で共通点があります
2015.10.07 10:00 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害についてパニック障害と相性が悪い食べ物はなにか?












管理者にだけ表示