パニック障害で居続ようとしていませんか?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


当然ですが、あなたはこころの奥深いところで、


パニック障害で居続ける”


ということを選んでいたり望んでいませんか?


あなたのパニック障害の完治・改善がなかなか
すすまないのであれば、もしかしたらそのような
心持ちが働いているのかもしれません。


個人差がありますが、人間は新しい環境やいつもと違った
ところにいくと、慣れ親しんだ環境に戻りたくなってしまう、
という習性があります。



実は、それはパニック障害についても同じことがいえます。


ある程度治療がすすみパニック障害の改善がうまくいきそうに
なると、自ずとそれにブレーキをかける、すすむのを止めて
しまう、
ということが起こり得るんですね。


改善したあとの自由な感覚になるよりも、
改善しない状態に無意識に戻ろうとしてしまう、
ことがあり得ます。


本来であれば、パニック障害は辛く苦しく、
一刻も早くなんとかしたいと思いますよね。


ですが、パニック障害、パニック発作の感覚が当り前に
なっていると、もしろその感覚を残すことを優先させてしまい、
知らず知らずのうちに、パニック障害を取り戻そうという
動きをしてしまうことがある
んですね。


「そんなバカな!?そんなことは信じられない!」


と感じたり思うこともあるでしょう。


全員が全員ではありませんが、
そのようなことをおこなう人も中にはいるんですね。


ほとんどが無意識下でおこなっているため、
本人にはまったくその自覚がありません。


ではなぜ?せっかくうまくいっているのに、
そのようなことを起こそうとしてしまうのか?


それは、


“順調に回復しているのは幻であり罠なので、
       いつか大きな発作が起こり元に戻るのだ”



という強い信念が大きく働いているからなんですね。


これは、過去良い感じに回復していたのに、なにかしらの
きっかけが原因でパニック障害がぶり返してしまった、
ということを経験していることが多いものです。


カウンセリングを受けてみるとわかることなのですが、
パニック障害のぶり返しが起こることはありません。


カウンセリングによって、すでに今までと違う軌道に乗って
いるため、ぶり返すことができなくなるんですね。


今日のお話に漠然とピンときたら、
カウンセリングを受けてみるのが良いでしょう。


↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


← 登録すると新着記事がラクラク読めます。


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック発作を起こさないコツについて
◆パニック発作に打ち勝つ運動方法とは?
◆コンビニ弁当はパニック発作を誘発する!?
2015.10.06 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の完治に向けてパニック障害で居続ようとしていませんか?












管理者にだけ表示