パニック障害と育児ストレスの関係性とは?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


小さなお子さんを持つお母さんにとって、


「育児ストレス」


というのは、場合によって大なり小なり
抱えている問題かもしれませんね。


そして、育児ストレスにより陥る状態として、


「うつ状態」


があります。


頼れる人がおらずひとりだけで育てている場合や、
子ども中心で自分の時間が取れない。


子どもはカワイイが自分のなかで子育てができているか?
達成感が無い・・・という理由によって引き起こされることが
ほとんどなんですね。


また、育児ストレスというのはひとつのストレス状態
ですので、それが溜まりに溜まってしまうと、
パニック発作が起きてしまうこともあります。



いきなりの動悸、冷汗、震え、身体の火照り、過呼吸など、
パニック発作の症状が表れてくることがあります。


また、遊びがない状態で余裕が無く、孤独感を
感じながら子育てをしていると、やはり、
パニック発作が起きてしまう可能性があるんですね。


うつ状態やパニック発作を起こさずに、育児を乗り越えて
いくポイントとしては、


・ご主人以外の周りの人や両親など、頼れる存在を持つ

・自分を追い込みすぎない

・休日など時にはご主人に頼めることを頼む

・子育て日記などをつけ成長している達成感を感じる

・「私は子育てという大変なことをしているんだ!」
 という自信を持ってみる

・何かしら楽しいこと、笑えることを習慣にする


・話を聞いてくれる存在を持つ


というようなことが良いでしょう。


とくに、話を聞いてくれる存在というのは大切です。


話をすること、吐き出すことによってこころの浄化作用が
生まれますので、それだけでも楽になります。


もし身近に話をできる人がいない、というのであれば、
カウンセラーという存在を身近におくのも良いでしょう。


ぜひ上記のポイントを把握して、育児ストレスを
うまく解放させて頂ければと思います。



↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村


三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

薬をつかわない
パニック障害【完治】のためのカウンセリング


東京都府中市(府中本町)のカウンセリングルーム
(最寄駅:JR 南武線/武蔵野線 府中本町駅より徒歩1分。)

各メニューをクリック ↓ ↓ ↓ ↓

■ ルームでのカウンセリング/■ 出張訪問でのカウンセリング
■ skype/電話でのカウンセリング/■ メールでのカウンセリング
■ カウンセリングルームへのアクセス

TEL:080-3604-6853 
Mail: mail@sweeny.jp


← 登録すると新着記事がラクラク読めます。


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆誰も知らないパニック障害完治までのプロセスとは?
◆モチベーションを上げると失敗します
◆パニック障害になぜカウンセリングが必要なのか?

2015.09.25 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の完治に向けてパニック障害と育児ストレスの関係性とは?












管理者にだけ表示