うつ気分は気にしすぎるな!!

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


人間は良くないことが起こったり、嫌なことがあったりすると、


「うつ気分」


を味わうものです。


「なんだか嫌になるなぁ・・・」

「私ってほんとうにダメだ・・・」

「なにもかも上手くいかない・・・」


というようなことを考えたり、思ったりすることが
あると思います。


ズシンと落ち込んでしまったり、うつうつとした気分から
抜け出せず、希望が見いだせなくなってしまうことも
ありますよね。


それにより、どんどんと悪い悪いほうに考えてしまうことも
少なくないでしょう。


パニック障害の完治が見えない、改善に兆しがない、
というのも「うつ気分」を味わってしまう一つの原因ですよね。


ですが、「うつ気分」についてとても大切であり、
把握しておべきことがあります。


それは、


“うつ気分はどのようなことからも
         感じるようにできている”



ということなんですね。


個人差はありますが、人間は小さなことでも場合によっては
「うつ気分」を感じてしまうものです。


「うつ気分」を感じること自体は、
なにもおかしなことではなく珍しいことでもありません。


例えば、なにかで怒られてしまった、大事にしていたものを
失くしてしまった、お財布を落としてしまった、というような
とき、多くの人は「うつ気分」を感じるものです。


ちょっとした刺激や、ほんの些細なことでも、
「うつ気分」は湧き上がってくるものです。


そのように「うつ気分」というのは日常に溢れている、
ごく身近にあるものですので、重要なことは、
「うつ気分」をきにしすぎない、ということなんですね。


「いまはうつうつとしているが、また気分は晴れる」

「うつな気分は永遠に続くわけではない」

「嫌なこともあれば楽しいこともある」


というように、考えを変えてみる、枠組みを変化
させてみる。


なんだかこころが晴れない、うつうつとしてしまう、
と感じたら、上記のようなこころ持ちを持ってみましょう。




三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック


← 登録すると新着記事がラクラク読めます。


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆うつ状態の支配からすぐに抜け出す方法とは?
◆パニック発作は〇〇を緩和させることで解消します
◆パニック障害完治へ山もあれば谷もあります

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村

2015.09.13 10:00 | パニック障害に関わる他の病理 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害に関わる他の病理うつ気分は気にしすぎるな!!












管理者にだけ表示