完治を左右する医者とカウンセラーの大きな違いとは?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


あなたは医者とカウンセラー、
その大きな違いを知っていますか?


そして、その大きな違いによって、パニック障害の
完治ができるか?できないか?左右されるとしたら・・・
どう感じるでしょうか?


医者というのは病院という機関で治療を
施すものであり、その治療の基本は、


「薬物療法」


となっており、主に症状の寛解や和らげる効果を
提供しています。


いっぽう、カウンセラーというのは医者ではないので、
薬を処方したり診断する権限はありませんが、基本は、


「心理療法」


を用いた治療となっています。そしてその多くは完治を
目的としており、それにともなう考えかたや感じかた、
トラウマなどの緩和などをおこなっていくんですね。


「寛解」というのは多くの人が間違った認識をしていますが、
持っている症状が治ったことではありません。



いうなれば主症状が底に沈んだ状態であり、
表面に浮いていないだけの状態です。


言いかたを変えると、症状ははっきりと残っている
状態で、元に戻ってしまう可能性があるということですね。


「完治」というのはその名の通り、「完全に治る」
という状態です。


症状が底に沈んでいる状態ではなく、主症状そのものが
消えている状態ですので、元に戻るということがありません。


また、医者が提供する「薬物療法」は、薬という化学物質を
使って脳の働きを意図的にコントロールし、強引に不安や
怖さなどを抑えるものです。


また、化学物質という、自然から発生したものではない
ものが原料ですので、身体に良いということはありません。


ちょっとした例としては、脳機能にダメージを与えたり、
内臓などの臓器に大きな負担をかけ、肝機能や腎臓
障害などを誘発する可能性があります。


いっぽう、カウンセラーが提供する「心理療法」は、会話という
コミュニケーションを通し、自分では気がつかない内面に起きて
いることを確認、把握し、問題そのものを解消させていく
ものです。


気がつかない内面を深く掘りさげ洞察していく作業ですので、
場合によっては思いだしたくない、見たくないことも浮かんで
くることもあるでしょう。


ですが、パニック障害の完治を目指していく際、
それは一つの通り道になっていますので。


こころからパニック障害の完治を望むのであれば、
カウンセリングという選択がベストなんですね。


それも、できればパニック障害の専門家の
カウンセリングが望ましいものです。


あなたが望む結果を手にいれるため、
私三木のカウンセリングを受けてみませんか?


カウンセリングのご依頼、ご相談などはこちらからどうぞ





三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック


← 登録すると新着記事がラクラク読めます。


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆脱力するとパニック発作は遠ざかる?
◆それではパニック障害は解消できません
◆キャラクターがパニック障害を悪化させている?

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村
2015.09.06 10:30 | パニック障害について | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害について完治を左右する医者とカウンセラーの大きな違いとは?












管理者にだけ表示