カウンセリングとは起爆剤です。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


パニック障害においてのカウンセリングとは、


「起爆剤」


とも言えるものです。


カウンセリングのどのようなところが「起爆剤」なのか?
いまいちピンとこないかもしれませんね。


「起爆剤」とも言えるゆえん、それは、


“カウンセリングを受けることで、
     完治へすすむスピードが違うから”



というところなんですね。


完治にすすむまでの爆発力が違う、
ということがあげられます。


残念ながら多くの人は、


「医師の言うとおりに薬を服用していれば、
            完治へとすすんでいくだろう」


という間違いをおかしてしまいます。


医師の言うことは絶対であり、薬を飲むことでしか
パニック障害の完治はあり得ない、という間違えた
考えかたをしている人もいるんですね。



もちろん、用途に応じて薬を服用することもあるでしょう。


例えば、どうしようもないほどの不安感や絶望感、
うつ気分のときなどは、薬が功を奏すこともあります。


ですがそれは、薬という化学物質によって無理やり
脳内の動きを制限し、思考などをにぶらせている
だけなんですね。



ですので薬の効果が無くなれば元にもどりますし、
思考をにぶらせることで完治には向かいません。


また、精神科や心療内科の医師は、多くのこころの病を
診るものですので、パニック障害の専門的な知識があるか?
というのは難しいところです。


どうしても、広く浅く、というような知識の吸い上げに
なってしまうんですね。


「餅は餅屋」という言葉があります。パニック障害には
パニック障害の専門家、そしてパニック障害の専門家
からのカウンセリングを受ける、というのが最善であり
完治への最短距離でもあります。


カウンセリングという「起爆剤」をうまく利用して、
最短距離で完治まですすんでいきませんか?




三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック


← 登録すると新着記事がラクラク読めます。


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害が完治しないと悩んでいるあなたへ
◆パニック障害完治のための究極のマインドセットとは?
◆完治を目指すカウンセリング

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村
2015.09.04 10:00 | パニックのカウンセリング | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニックのカウンセリングカウンセリングとは起爆剤です。












管理者にだけ表示