「悔しさ」はパニック障害を打ち破る可能性がある。

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


突然ですが、あなたは、


「悔しさ」


という感情を、どのようにとらえていますか?


ネガティブな感情であり、持たないほうが良いものと
考えていますか?


それとも、大きなバネになり、パワーになる
感情だと考えているでしょうか?


「悔しさ」「恨み」「つらみ」といった感情は、
どちらかというと世間ではネガティブなものと
認識されていますよね。


湧き上がる感情自体には良い、悪いという
定義はないのですが、上記の感情は、
あまり良いイメージにつながらないようです。


ですが、そういった世間体はひとまず置いて、
「悔しさ」という感情がパニック障害の完治を目指す
うえでのパワーになるとしたら・・・
興味がありませんか?


「悔しさ」という感情はどちらかというと
確かにネガティブなイメージがあるものですが、
使いかたによっては、完治への可能性を広げる
感情でもあるんですね。


ではなぜ?「悔しさ」という感情がパニック障害完治
への可能性を広げるのか?


それは、「悔しさ」という感情は、
人が持つ力を3~4倍に高める効果があるから
なんですね。


「火事場の馬鹿力(クソ力)」というのは、
怒りや悔しさという感情から生まれるものです。


「チクショーーー!!悔しいーーー!!」


という気持ちが強ければ強いほど、
パワーは増大され、いろいろなものを
打ち破る原動力になるんですね。


そして、その増大されるパワーを
パニック障害の完治・改善に向けることも可能です。



ただ悔しいと感じるだけではなく、
うまく利用してしまう、ということなんですね。


あなたが過去を振り返ったとき、
パニック障害によってとても悔しい思いを
した経験はありませんか?


例えば、行きたかった旅行を断念した、
発作によって楽しかったひと時が崩れた、
欲しかったものを諦めた、などなど・・・


そういった経験をもし持っているのであれば、
そのときの悔しさを思いだし、


「パニック障害には絶対に負けない!」


という気持ち、心持ちを持ってみましょう。


悔しさをバネにして、パニック障害の完治・改善に
向けた行動をどんどんしていきましょう。


あなたのなかのその「悔しさ」は、
きっとパニック障害を撃退する力になりますよ。




三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック


← 登録すると新着記事がラクラク読めます。


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害完治を成功させた人の共通項とは?
◆パニック障害を撃退する自信をつける方法とは?
◆完治するためのカウンセリングの受けかたとは?

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村
2015.08.25 10:00 | パニック障害の完治に向けて | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の完治に向けて「悔しさ」はパニック障害を打ち破る可能性がある。












管理者にだけ表示