それは発作ではなく副作用ではないですか?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


いま、あなたがパニック発作だと思っている症状は、
もしかしたら薬による、


「副作用」


かもしれません。


薬による「副作用」はときに、
パニック発作的な状態を引き起こしてしまう
ことがあるんですね。


薬による「副作用」には色々な症状があります。


例えば代表的なところでは、眠気、めまい、口渇、
排尿障害、手足の震え、不整脈、性機能障害、動悸、
便秘、低血糖、などがあります。


ちょっと特殊なところでは、思考力の低下、呼吸がしづらい、
身体全体の震え、抑うつ気分、自分の身体ではない感覚、
吐き気、などがありますね。


この副作用の種類を見ただけでも、
パニック発作の状況と似たものがあります。


“薬”というもの、とくに「向精神薬」と呼ばれている
ものは、脳という臓器に働きかけるものですので、
少なからず脳にダメージも残りがちです。


現在の薬自体が化学物質の塊ですので、
摂取して身体に良いということはないんですね。


ですがもちろん、回復につながっていくこともあるので、
一概に悪いということも言えません。


ただできれば、パニック発作と勘違いしてしまう、
脳という臓器にダメージを与えてしまう薬は、
使わないに越したことはありません。


現在の薬に代わる代替え療法として、


・アロマテラピー

・ホメオパシー

・カウンセリング


といったところが代表的でしょうか。


各々の特徴や効果も変わってきますので、
できるだけ自分自身に合ったものを選ぶと良いでしょう。


なかでもやはり「カウンセリング」は、
効果も早く出やすく、おすすめです。


もしあなたが現在薬を飲んでいて、
パニック発作の状態がひどくなっていたり、
改善にすすまないようであれば、それは、
副作用がジャマをしているのかもしれません。


なにかおかしいな?どうも変だな?
と感じたら、なるべく早めに専門家に
話をしてみるようにしましょう。




三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック


← 登録すると新着記事がラクラク読めます。


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆パニック障害完治を目指す前にしなければいけないこと
◆パニック障害でタバコを吸い過ぎると・・・
◆薬を飲まないと完治できませんか?


↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村
2015.08.15 10:00 | パニック障害の薬の知識 | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニック障害の薬の知識それは発作ではなく副作用ではないですか?












管理者にだけ表示