認知行動療法は苦手意識を拡大させる!?

東京都府中市にあるカウンセリングルーム。パニック障害を薬に頼らず発作に怯えることなく完治への秘訣を伝える、パニック障害【完治】専門カウンセラーのブログです。

【インフォメーション】

パニック障害【完治】専門カウンセラーの三木ヒロシです。


あなたは現在、もしくは過去に、


「広場恐怖」


を経験していますか?


「広場恐怖」というのは、人混みや混雑している場所、
病院や美容院、デパート電車や飛行機など、特定の
場所に不安や恐怖を感じてしまい、その場所にいけない、
近づけなくなってしまうという状態です。


その多くは、ここでパニック発作が起きてしまったら・・
ということを考えてしまったり、逃げ出せないと感じて
しまうことによって引き起こされてしまうんですね。


この広場恐怖が重くなってしまうと、
一人で外出ができず、付き添いが
ないと外に出れない・・という状態に陥ってしまいます。


この「広場恐怖」の改善のため、
有効な心理療法として、


“認知行動療法”


というものがあります。


これは例えば、苦手な場所をなぜ苦手と感じるのか?
考えるのか?という思考の部分と、あえて苦手とする
場所に行き身体を慣れさせる、という行動の部分とで
構築されている療法です。


広場恐怖にはとても効果が高いと言われていますが、
実はひとつだけ落とし穴があるんですね。


その落とし穴を理解しておかないと、
効果をあげるための療法が、ただただ
辛いだけで逆にトラウマになってしまう
恐れがある
からです。


なぜ効果をあげる、広場恐怖を改善するための
療法がトラウマになってしまうのか?


それは、


“感情に触れずに行動から思考を変えようとする”


というところにあります。


もちろん感情を見極めながら認知行動療法を
すすめるカウンセラーもいます。


ですが多くは、感情に触れずに苦手な場所に
身を置くという行動をさせ、大丈夫だったと
感じることにより、思考の変化を促すアプローチを
とるんですね。


それでうまくいく場合もありますが、
うまくいかなかった場合、不安や怖さだけが
残ってしまい、苦手がさらに苦手になる・・・
という悪循環に陥ってしまう可能性があります。


もし、何回か認知行動療法に通っているのに、
不安や怖さが増えているのであれば、
それはあなたに合っていないかもしれません。


そのような場合は、担当カウンセラーに
その旨を伝えることが大切です。


ちなみに私三木は、広場恐怖改善の場合、
感情からアプローチする認知行動療法を
用いますので、安全に改善を目指していく
ことが可能です。


広場恐怖改善のためのカウンセリングの
ご希望は、下記からお申込くださいね。


>>カウンセリングお申込フォーム<<




三木ヒロシへカウンセリングのご依頼は↓↓↓↓↓

ブログカウンセリングバナー
薬を飲まずにカウンセリングで完治を目指す←クリック


← 登録すると新着記事がラクラク読めます。


三木ヒロシ公式Twitter ↓↓↓↓
bn_twitter-1.jpg

【関連記事】
◆完治を目指すカウンセリング
◆あなたがカウンセリングを受けねばならない理由とは?
◆パニック障害がカウンセリングで和らぐ理由とは?

↓いつもありがとうございます。↓
↓あなたのクリックが記事更新の励みになっています。↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村
2015.08.11 10:00 | パニックのカウンセリング | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページパニックのカウンセリング認知行動療法は苦手意識を拡大させる!?












管理者にだけ表示